仏教タイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仏教タイムス(ぶっきょうタイムス)は、仏教タイムス社が発行する宗教専門紙[1]

概要[ソースを編集]

一宗一派にとらわれず、全仏教界の出来事を専門に扱うブランケット判新聞。伝統仏教だけでなく、立正佼成会真如苑霊友会妙智會など仏教系新宗教も取り上げる。稀に神道キリスト教なども記事になる。但し、創価学会に対しては徹底的に批判的な立場を取っている。現在の編集長は工藤信人。毎週木曜日発行。通常は4ページから6ページだが、特集・時期(年末年始など)によりそれ以上になることもある。発行部数は2万部。社説は存在しない。

中外日報文化時報と並ぶ、仏教界3大紙とされる。

沿革[ソースを編集]

1946年7月25日に浄土真宗本願寺派僧侶の常光浩然により広島で創刊される。1952年に築地本願寺で開催された第2回世界仏教徒会議の機関紙の役割を果たし、間接的に全日本仏教会創立の一助となった。以後、仏教タイムス社社長は沼田惠範中山理々佐藤密雄来馬規雄など仏教界の重鎮が次々に就任。

創刊当初は旬刊だったが、1995年より週刊となった。

事業所[ソースを編集]

  • 本社 東京都新宿区市谷田町2-7東ビル6F
  • 京都支局 京都市下京区新町通五条下ル蛭子町106ベルヴィ五条303号

脚注[ソースを編集]

  1. ^ あなたはいくつ知っている? 普段目にしない業界新聞たち”. フレッシャーズ. マイナビ (2014年3月10日). 2014年6月20日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]