今野玲央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今野 玲央(こんの れお、1998年2月5日 - )[1]は、日本の男性箏曲家。アーティスト名はLEO(レオ)。

人物[編集]

横浜市出身。母親は日本人、父親はアメリカ人のハーフ。[2][3][4]3歳の時、両親が離婚。小・中・高等学部を、横浜インターナショナルスクールで学ぶ。9歳の時に、音楽の授業でに出会い、同スクールの音楽教師で箏演奏家カーティス・パターソンに英語で箏を学ぶ。[3]15歳で沢井一恵に師事。[2][3]2014年に、16歳で第20回くまもと全国邦楽コンクール最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞。[2][3][4]コンクール最年少受賞記録を保持している。2017年にアーティスト名LEO(レオ)で、日本コロムビアから1stアルバム「玲央1st」でメジャーデビュー。[2][3][4]2017年、東京藝術大学音楽学部邦楽科に入学。[2][3]現代箏曲・第一期生。

経歴[編集]

  • 2012年:第30回全国小中学生箏曲コンクール グランプリ受賞
  • 2014年:第20回くまもと全国邦楽コンクール 最優秀賞・文部科学大臣賞
  • 2015年:第2回国際平和コンサート出演。東京芸術劇場で箏コンチェルトのソリスト演奏
  • 2016年:バイオリニスト五嶋みどり設立のみどり教育財団(Midori&Friends)の招待で、ニューヨークワークショップツアー開催[5]
  • 2016年:第23回賢順記念全国箏曲コンクール銀賞
  • 2017年:アーティスト名LEO(レオ)で、日本コロムビアから1stアルバム「玲央1st」でメジャーデビュー[2][3][4]
  • 2019年:第29回出光音楽賞

ディスコグラフィ[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ LEO official web”. 2018年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 触れてほしい多様な音色 箏曲演奏家・LEO今野玲央(19)”. 2018年3月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g LEO、日米ハーフ筝曲奏者が語る音楽のジャンルを超えた箏の魅力”. 2018年3月30日閲覧。
  4. ^ a b c d お箏ほどしっくりくる楽器はない”. 2018年3月30日閲覧。
  5. ^ 箏曲演奏家・LEO 今野玲央(19)(3)面白さを世界に伝えたい”. 2018年3月30日閲覧。