今田束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今田 束(いまだ つかぬ、嘉永3年(1850年)9月 - 明治22年(1889年11月22日)は、明治期の解剖学者、医師。日本の解剖学の草分け。従七位

経歴[編集]

周防国岩国藩士・佐藤逸の三男として生まれ、今田家の養嗣子となる。維新時に京都守護兵として鳥羽・伏見の戦いに従軍。のち箕作秋坪に学び、次いで慶應義塾に入学し(『慶應義塾入社帳第一巻345項』)、洋学を学ぶ。医学を志し、明治5年(1872年)、第一大学区医学校に入学し兵籍を脱する。ドイツ人医師、ウィルヘルム・デーニッツ(Wilhelm Dönitz)につき解剖学を修める。明治12年(1879年)に東京大学医学部助教授、のち教授となり、解剖学に関する標本類を作製し実験に供した。また、解剖学人工体を作り欧米の博覧会に出品するなどしている。40歳で早世した。

著書[編集]

  • 『実用解剖学』
  • 『動脈一覧図及解』
  • 『神経一覧図及解』
  • 『心臓及内臓一覧図』

参考文献[編集]