今治市営球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今治市営野球場から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
今治市営球場
Inabari City-run Baseball Stadium
施設データ
所在地 愛媛県今治市大新田町5-111-7(大新田公園内)
座標 北緯34度4分44秒 東経132度59分22.6秒 / 北緯34.07889度 東経132.989611度 / 34.07889; 132.989611座標: 北緯34度4分44秒 東経132度59分22.6秒 / 北緯34.07889度 東経132.989611度 / 34.07889; 132.989611
開場 1953年昭和28年)[1]
所有者 今治市
管理・運用者 今治市
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 2015年(平成27年)4月新設[1]
使用チーム • 開催試合
愛媛マンダリンパイレーツ四国アイランドリーグplus、2005年 - )
全国高等学校野球選手権愛媛大会など
収容能力
7,593人(内野:4,393席、外野芝生:3,200席)
グラウンドデータ
球場規模 両翼:100 m[2]
中堅:122 m[2]

今治市営球場(いまばりしえいきゅうじょう)は、愛媛県今治市にある市営野球場[1][2]。大新田公園内にある[3]

概要[編集]

開場は1952年昭和37年)[4]。かつてはプロ野球オープン戦の開催地ともなり、また1965年-1966年(昭和40-41年)には近鉄バファローズの秋季キャンプ地としても使用された。全国高等学校野球選手権大会(高校野球)の県予選が行われるほか、少年野球の大会なども行われている。四国アイランドリーグplus発足後は公式戦(主催は愛媛マンダリンパイレーツ)が年数回行われ、女子ソフトボール1部リーグの試合も行われる。2017年に愛媛県で開催される第72回国民体育大会の軟式野球の会場に内定している。後述する改修工事に伴い、2014年(平成26年)と2015年(平成27年)のシーズンはアイランドリーグの公式戦が実施されなかったが[5]、2016年(平成28年)から使用が再開された[6]

2013年平成25年)11月から改修工事を行い、夜間開催可能な照明設備や屋内ブルペンの新設、内外野スタンドやスコアボードなどの改修、グラウンド天然芝の張替えなどの改良を行い、2015年(平成27年)4月17日に完成式典を行って新装開場した[1]。この改修に伴い、両翼は91.4mから100mへ、中堅は115.82mから122mへ各々拡張された[2]

施設概要[編集]

  • 両翼:100m[2]、中堅:122m[2]
  • 内野:土、外野:天然芝  
  • 収容人員:7,593人(内野:座席4,393人、外野:芝生席3,200人)
    • 内野スタンドに屋根あり
  • スコアボード:磁気反転式
  • ナイター設備:6基、2015年(平成27年)4月新設[1]

プロ野球開催実績[編集]

パシフィック・リーグ公式戦
オープン戦

交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “今治市営球場の改修終わる 電光掲示板や照明灯新設”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2015-04-18日) 
  2. ^ a b c d e f 松倉展人 (2015年5月9日). “今治市営球場:こけら落とし”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  3. ^ 新太田公園整備の概要 (pdf)”. 今治市. 2015年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月5日閲覧。
  4. ^ 現状分析に係るデータ集 (pdf)”. 愛媛県. p. 58. 2016年3月4日閲覧。
  5. ^ 試合予定/結果|四国アイランドリーグplus”. IBLJ. 2016年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月2日閲覧。
  6. ^ 試合結果 8/5愛媛vs徳島”. 四国アイランドリーグplus (2016年8月5日). 2016年9月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]