今枝由郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

今枝 由郎(いまえだ よしろう、1947年 - )はフランス在住のチベット学者、専攻はチベット歴史文献学。フランス国立科学研究センター主任研究員。

愛知県生まれ。大谷大学文学部卒業。フランスでのチベット研究のため留学、パリ第七大学で文学博士号修得。1974年から国立科学研究センターに勤務。1981年~1990年に、ブータン国立図書館顧問としてブータンに赴任し、国立図書館の建設に尽力。1995年には、カリフォルニア大学バークレー校客員教授を務めた。

フランス国籍を取得しており、夫人のフランソワーズ・ポマレもフランス人チベット学者。現在は、日本人女性と再婚している。ダライ・ラマ14世の著述を翻訳紹介をするなど、チベット亡命政府(ガンデンポタン)を強く支持し、中国のチベット政策を徹底して批判しているため、現在のチベットには入国しない姿勢をとっている。

著書[編集]

単著[編集]

学術書[編集]

  • 『ブータン中世史 ドゥク派政権の成立と変遷』 大東出版社 2003年
  • 敦煌出土チベット文「生死法物語」の研究―古代チベットにおける仏教伝播過程の一側面』 大東出版社 2006年

共著・編著[編集]

  • 『ブータン 東ヒマラヤの王国』 ギー・ヴァン・ストゥリドンク写真、フランソワーズ・ポマレ=イマエダと共著、講談社、1985年
  • 『ブータンのツェチュ祭 神々との交感』 永橋和雄・写真、<アジア民俗写真叢書>平河出版社、1994年
  • 『ブータン・風の祈り ニマルン寺の祭りと信仰』 田淵暁・写真、<アジア民俗写真叢書>平河出版社、1996年
  • 多田等観全文集 チベット仏教と文化』 白水社、2007年

訳書[編集]

  • 『サキャ格言集』岩波文庫、2002年
  • ロベール・ドリエージュ『ガンジーの実像』白水社〈文庫クセジュ〉、2002年
  • フィリップ・ブルサール、ダニエル・ラン 『囚われのチベットの少女』トランスビュー、2002年
  • ヴェロニック・クロンベ 『ブッダ 生涯と教え』大東出版社、2003年
  • ダライ・ラマ 14世 幸福と平和への助言』聞き手マチウ・リカール、トランスビュー、2003年
  • ロラン・デエ 『チベット史』春秋社、2005年 
  • ドルジェ・ワンモ・ワンチュック『幸福大国ブータン 王妃が語る桃源郷の素顔』日本放送出版協会、2007年
  • ダライ・ラマ6世(ツァンヤン・ギャムツォ) 『ダライ・ラマ六世 恋愛彷徨詩集』トランスビュー、2007年
  • フレデリック・ルノワール 『人類の宗教の歴史-9大潮流の本質・誕生・将来』トランスビュー、2011年
  • 『日常語訳 ダンマパダ ブッダの〈真理の言葉〉』トランスビュー、2013年
  • 『日常語訳 新編スッタニパータ ブッダの〈智恵の言葉〉』トランスビュー、2014年
  • ワールポラ・ラーフラ 『ブッダが説いたこと』岩波文庫、2016年
  • ゲンドゥン・リンチェン 『ブータンの瘋狂聖 ドゥクパ・クンレー伝』 岩波文庫、2017年

共訳・監修[編集]

  • クンサン・チョデン 『ブータンの民話と伝説』小出喜代子共訳 白水社 1998年
  • マーカス・ボーグ編 『イエスの言葉 ブッダの言葉』鈴木佐知子・武田真理子共訳、大東出版社 2001年
  • フランソワーズ・ポマレ『チベット 〈「知の再発見」双書〉』監修・後藤淳一訳、創元社 2003年
  • ドルジ・ワンモ・ワンチュック編著『ウギェン・ドルジ述 虹と雲 王妃の父が生きたブータン現代史』
     監修・鈴木佐知子・武田真理子共訳、平河出版社 2004年
  • ピーター・ホップカーク『チベットの潜入者たち ラサ一番乗りをめざして』
     鈴木佐知子・武田真理子共訳 白水社 2004年
  • フレデリック・ルノワール『仏教と西洋の出会い』富樫瓔子共訳、トランスビュー 2010年
  • ソナム・ギェルツェン『チベット仏教王伝 ソンツェン・ガンポ物語』監訳、岩波文庫、2015年

語学テキスト[編集]

チベット語固有名詞のカナ転写方式に関する提案[編集]