今村裕志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
今村裕志
生誕 宮崎県
国籍 日本の旗 日本
研究分野 ナノテクノロジー
研究機関 産総研
出身校 東京工業大学
博士課程
指導教員
青木秀夫(東京大学)
主な業績 スピントロニクス研究
プロジェクト:人物伝

今村 裕志(いまむら ひろし)は、産業技術総合研究所、ナノスピントロニクス研究センターに所属する、日本の物理学者である。

主な研究分野[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書及び参考文献 [1][編集]

  • H. Imamura and S. Maekawa, "Theory of Spin Dependent Tunneling," Volume 1 (pp. 559 - 574) of the book "Handbook of Magnetism and Advanced Magnetic Materials," H. Kronmuller and S.S.P Parkin (Eds), (John Wiley & Sons, Ltd. 2007).
  • H. Imamura, S. Takahashi, S. Maekawa, ”Andreev Reflection at ferromagnet /superconductor interfaces”,Chapter 9 (pp. 371 - 394) of the book “ Concepts in Spinelectronics”, (Oxford University Press, Oxford UK, 2005).
  • 安藤康夫, 水上成美, 家形諭, 谷口知大, 今村裕志, 大兼 幹彦, 宮崎照宣, "スピンポンピングによるスピン流の創出 と物理現象," まぐね 4, pp. 73-81 (2009).
  • 佐橋政司・土井正晶・三宅耕作・今村裕志, "ナノ狭窄構型 磁気抵抗効果に関する最近の研究," まぐね 2, pp. 510-516 (2007).
  • 今村裕志, "CPP-GMRの理論," 金属(アグネ)77, pp. 982-987 (2007).
  • 今村裕志, 青木秀夫, "強磁場中の量子ドット : 「電子分子」と魔法数," 日本物理学会誌 Vol.53, No.1, pp. 36-40 (1998)

脚注[編集]

  1. ^ Hiroshi Imamura's Websiteより引用

外部リンク[編集]