今村新吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今村新吉(いまむら しんきち、1874年11月15日 - 1946年5月19日)は、日本の精神医学者。

石川県金沢市出身。今村有隣の長男。1897年帝国大学医科大学卒。ウィーン留学後京都帝国大学医学部教授となり、精神医学教室を創設、初代教授となる。1904年医学博士渡辺久吉日本心霊学会にかかわり、人文書院と改称した時の命名者である。妄想性精神病、神経症など精神病理学の研究で知られた[1]。弟は今村次吉千里眼事件では、福来友吉らとともに御船千鶴子の売り出しを行っている。

著書[編集]

  • 『神経衰弱に就て』日本心霊学会 1925年
  • 『神経衰弱とヒステリーの治療法』日本心霊学会 1927年 人文書院 1928年
  • 『精神病理学論稿』弘文堂 1948年

脚注[編集]