今村奈良臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今村 奈良臣(いまむら ならおみ、1934年4月1日[1] - )は、日本の農業経済学者東京大学名誉教授。第一次産業を発展させた「6次産業」の提唱者として知られる。

来歴[編集]

大分県生まれ。1957年東京大学農学部農業経済学科卒業。1963年同大学院博士課程修了、1964年「農林国家経費の研究」で農学博士[2]。農政調査委員会研究職員。1968年信州大学助教授、1974年東京大学助教授、1982年教授。1984-1985年米国ウィスコンシン大学客員研究員。1994年定年退官、名誉教授、日本女子大学教授、2002年退職。

日本農業経済学会会長、米価審議会委員、畜産振興審議会会長、農政審議会会長、初代食料・農業・農村政策審議会会長等を歴任。農林水産省政策評価会座長、自主流通米価格形成センター運営委員会委員長、米情報委員会委員長、自主流通米価格形成センター取引監視委員会委員長、都市農山漁村交流活性化機構理事長。日本農業法人協会理事、JA改革推進会議議長。全国農業会議所会員、農山漁村文化協会理事。

著書[編集]

  • 補助金と農業・農村 家の光協会 1978.12 (今日の農業問題)
  • 現代農地政策論 東京大学出版会 1983.3
  • 揺れうごく家族農業 個と集団 アメリカ・日本・中国・北朝鮮 柏書房 1986.12
  • 国際化時代の日本農業 車座になって経営革新を考える 農山漁村文化協会 1988.6
  • 人を活かす地域を興す 農業再生への提言 家の光協会 1989.11
  • 農業構造改革の展開論理 農山漁村文化協会 2003.10 (今村奈良臣著作選集 上)
  • 農政改革と補助金 農山漁村文化協会 2003.10 (今村奈良臣著作選集 下)
  • 所長の部屋 JA総合研究所 2008.3

共編著[編集]

  • 転機にたつ食管制度 家の光協会 1980.1
  • 農政改革の世界史的帰趨 農山漁村文化協会 1994.6
  • 中国近郊農村の発展戦略 張安明,小田切徳美共著 農山漁村文化協会 2004.10

翻訳[編集]

  • だれが中国を養うのか? 迫りくる食糧危機の時代 レスター・R・ブラウン ダイヤモンド社 1995.12 (ワールドウォッチ21世紀シリーズ)
  • 食糧破局 回避のための緊急シナリオ レスター・R.ブラウン ダイヤモンド社 1996.10

参考[編集]

  • 「著作選集」に付された紹介文

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.301
  2. ^ 博士論文書誌データベース