今村哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今村 哲也(いまむら てつや、1955年 - )は、日本行政法学者明治大学法科大学院教授博士(法学)福井県出身

人物[編集]

1978年新潟大学人文学部法学科卒業、1981年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。指導教官は市原昌三郎[1]。山形大学文部教官専任講師任用のため、1983年、一橋大学大学院博士後期課程公法専攻)中退。1987年山形大学人文学部法学科助教授1992年関東学院大学法学部助教授。1995年、関東学院大学法学部教授。2004年より法学研究所所長。2008年より教務部長。2009年より明治大学へ移籍。 2006年、一橋大学より博士(法学)の学位を授与される。

主な著書[編集]

  • ウルトラマン研究序説―若手学者25人がまじめ分析 科学特捜隊の組織・技術戦略を検証する (単行本) ISBN 978-4806105602 』(共著)(中経出版、1991年)
  • 『 ウィーン警察官教育の法と命令―法化社会オーストリアの執行組織 (単行本)ISBN 978-4901734110 』(単著)(関東学院大学出版会、2005年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]