今村信次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今村 信次郎
Imamura Nobujiro.jpg
第三艦隊司令長官時代
生誕 1880年12月4日
死没 (1969-09-01) 1969年9月1日(88歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1902年 - 1936年
最終階級 海軍中将
除隊後 秩父宮別当
テンプレートを表示

今村 信次郎(いまむら のぶじろう、1880年明治13年)12月4日 - 1969年昭和44年)9月1日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

米沢藩江戸家老同心(下士階級)で農業を営む今村滝次郎の二男として生れる。米沢中学校を経て、1902年(明治35年)12月、海軍兵学校30期)を次席で卒業し、翌年12月、海軍少尉任官。この時席次は百武源吾と入れ替わり首席となった[1]日露戦争では「韓崎丸」乗組として、百武、溝部洋六らと海兵32期の指導にあたり、日本海海戦には「三笠」乗組で砲術長安保清種付として参戦した。「須磨」乗組、「鹿島」回航委員、同分隊長などを経て、海軍砲術学校特修科を首席で修了。さらに、砲術学校教官、第1艦隊参謀、「笠置」分隊長、練習艦隊参謀、「富士」分隊長などを歴任。

日本海海戦時の三笠艦上。左後方で双眼鏡を覗いている人物が今村。


1913年(大正2年)5月、海軍大学校(以下「海大」)甲種11期を首席で卒業した。伊東祐亨元帥副官海軍省副官の後、兼海相秘書官となり、斎藤実大臣に仕えた。ドイツ駐在を経てイギリス駐在となり、帰国後は軍令部参謀、第1艦隊参謀、兼連合艦隊参謀、「新高艦長、海大教官兼軍令部参謀、海大教頭、「日向」艦長、東宮武官侍従武官などを歴任し、1925年1(大正14年)2月、海軍少将に進級。侍従武官を勤め、1930年(昭和5年)12月、海軍中将となった。

東郷平八郎像
三笠公園。後方に「三笠」

練習艦隊司令官舞鶴要港部司令官、第3艦隊司令長官、佐世保鎮守府司令長官を歴任した。なお練習艦隊司令官以後の後任者はすべて百武である。1936年(昭和11年)3月、予備役に編入された。同年から1945年(昭和20年)まで秩父宮別当を勤め、戦後は「三笠」の復興、また東郷平八郎の銅像併置を主張し、建設委員長として尽力した。米沢海軍武官会会員。

第一次世界大戦[編集]

イギリス駐在時代は、第一次世界大戦観戦武官として従軍。戦艦ヴァンガード」に乗組んでいたが、ユトランド沖海戦時は病のため病院船に在った。海戦後同艦の艦長以下から聞取り調査を行っている。同海戦では同郷かつ同期生であった下村忠助が戦死。のちに同艦に乗組んだ江渡恭助が爆発事故で戦死している。

親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『異色の提督 百武源吾』p.19

参考文献[編集]

  • 石井稔編著『異色の提督 百武源吾』 同刊行会、1979年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 帝國秘密探偵社『大衆人事録 東京篇』第13版、1939年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 米沢興譲館藩学創設三百年記念誌『興譲館人国記』
  • 松野良寅 『遠い潮騒 米沢海軍の系譜と追想』 米沢海軍武官会、1980年