今昔マップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今昔マップ
作者 谷謙二
初版 2006年2月 (15年前) (2006-02)
最新版
今昔マップ 3.02 / 2015年12月7日 (5年前) (2015-12-07)
対応OS Windows 7/8/8.1/10
対応言語 日本語
種別 GISソフトウェア
公式サイト ktgis.net/kjmap/index.html
テンプレートを表示

今昔マップ(こんじゃくマップ)は、旧版地形図国土地理院発行)の閲覧が可能なサービスで[1]、特定地域の複数年代の地形図を比較参照できる[2]。地理学者の谷謙二により開発された[1]。Web版の「今昔マップ on the web」と、Windows版ソフトの「今昔マップ3」がある。

経緯[編集]

今昔マップの開発は2005年春頃から開始された[3]

地域概要の理解のうえで、地形図は重要な資料である[注釈 1]ものの、当時は旧版地形図を簡便に閲覧する方法がなかった[注釈 2][4][5]。また、開発者の谷自身も、大学の講義で大都市圏の発展過程について解説するときに、旧版地形図を学生に提示する方法について苦労していた[6]

2005年に「時系列地形図閲覧ソフト『今昔マップ』(首都圏編)」が開発され、東京50キロメートル圏内の2万5000分の1旧版地形図が収録された[5]。2006年2月にDVD版の配布が行われた[3]

2008年に「今昔マップ2」が開発・公開された[5]。今昔マップ2ではインターネット上でソフトウェアと地図画像のダウンロードが可能になったうえ、中京圏・京阪神圏の旧版地形図も閲覧可能になった[5]。2009年にVector[注釈 3]窓の杜[注釈 4]で紹介されたことでダウンロード数が増大した[7]

今昔マップ on the web[編集]

今昔マップ on the webは、WebGISの1つであり、ウェブブラウザ上で旧版地形図の閲覧が可能である[8]。パソコンに限らず、スマートフォンからでも利用できる[8]

2013年に開発・公開が行われ、その後も更新が進められている[9]。2019年に日本国内の全ての都道府県庁所在地が収録対象地域になった[10]

大学での授業で地形図空中写真を扱う際にも有用である[11]。長所として、安倉良二は、インターネットの接続環境があれば容易に利用できること、利用者自身で画面表示の拡大縮小や移動が可能なこと、画面を分割して複数の地形図や空中写真を同時表示できること、画面分割機能と組み合わせてGoogle マップなど一般的なWeb地図とも同時表示が可能なことを指摘している[12]

各地域の土地の変遷の把握[13]、防災情報の調査や、郷土学習でも利用できるほか、歴史愛好者や鉄道ファンの人が趣味で利用することもある[14]

今昔マップ3[編集]

今昔マップ3では、Web版の今昔マップ on the webでは困難な、複雑な操作を行うことができる[9]。2015年に開発・公開が行われた[15]

今昔マップ3のみで行える機能として、地図中に目印を表示・記録・保存する機能、KML・KMZ・GPXファイルの読み込み・表示機能、位置情報をもつ写真の表示、地図画像のファイル出力機能が挙げられる[16]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 例えば、中学校・高等学校での地理教育で地形図読図が取り扱われている。
  2. ^ 国土地理院へ謄本交付申請を行うか、高価な地図集を購入するか、図書館に出向いて閲覧するしかなかった。
  3. ^ Vector: 今昔マップ2 - 新着ソフトレビュー” (2009年3月10日). 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ 窓の杜 - 【REVIEW】時代とともに移り変わる地形の変化を地図で確認できる「今昔マップ2」” (2009年4月2日). 2020年7月1日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b 野間ほか 2017, p. 157.
  2. ^ 谷 2006, p. 43.
  3. ^ a b 時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」ダウンロード”. 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ 谷 2009, pp. 135–136.
  5. ^ a b c d 谷 2017, p. 1.
  6. ^ 谷 2018, p. 328.
  7. ^ 谷 2009, p. 143.
  8. ^ a b 谷 2019, p. 32.
  9. ^ a b 谷 2017, p. 5.
  10. ^ 今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部 谷謙二(人文地理学研究室)”. 2020年7月1日閲覧。
  11. ^ 安倉 2019, p. 41.
  12. ^ 安倉 2019, pp. 41–42.
  13. ^ 相次ぐ台風 “土地”サイトに注目集まる」『NHKニュース』、2019年10月23日。2020年7月1日閲覧。
  14. ^ 「朝デジジャーナル スマホ片手に100年前を散歩」『朝日新聞』、2013年12月28日、37面。
  15. ^ 谷 2017, p. 6.
  16. ^ 谷 2017, pp. 8–9.

参考文献[編集]

  • 谷謙二「人気ソフト「MANDARA」開発者 谷 謙二先生に聞く 「MANDARA」オモテ話&ウラ話」『地理』第51巻第1号、古今書院、2006年、 40-43頁。
  • 谷謙二「時系列地形図閲覧ソフト『今昔マップ2』(首都圏編・中京圏編・京阪神圏編)の開発」『GIS-理論と応用』第17巻第2号、2009年、 135-144頁。
  • 谷謙二「「今昔マップ旧版地形図タイル画像配信・閲覧サービス」の開発」『GIS-理論と応用』第25巻第1号、2017年、 1-10頁。
  • 谷謙二『フリーGISソフト MANDARA10 パーフェクトマスター』古今書院、2018年。ISBN 978-4-7722-8119-5
  • 谷謙二「簡単に使えるWebGISで地形学習-今昔マップ・Web等高線メーカー・Web地形断面図メーカー-」『地理』第64巻第9号、2019年、 31-39頁。
  • 野間晴雄香川貴志土平博山田周二河角龍典小原丈明『ジオ・パルNEO 地理学・地域調査便利帖』海青社、2017年、第2版。ISBN 978-4-86099-315-3
  • 安倉良二「WebGISで身近な地域のいまむかしをみる」『地理』第64巻第9号、2019年、 40-49頁。

外部リンク[編集]