今日までそして明日から (よしだたくろうの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田拓郎 > 吉田拓郎の作品一覧 > 今日までそして明日から (よしだたくろうの曲)
今日までそして明日から
よしだたくろうシングル
初出アルバム『よしだたくろう 青春の詩
B面 ともだち
リリース
規格 LP
ジャンル フォークソング
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 吉田拓郎
チャート最高順位
よしだたくろう シングル 年表
青春の詩
(1971年)
今日までそして明日から
(1971年)
結婚しようよ
1972年
よしだたくろう 青春の詩 収録曲
こうき心
(10)
今日までそして明日から
(11)
イメージの詩
(12)
テンプレートを表示

今日までそして明日から」(きょうまでそしてあしたから)は、よしだたくろう(現・吉田拓郎)の楽曲で、3枚目のシングル1971年7月21日にCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)から発売。

解説[編集]

CBSソニーに移籍して初のシングルである。宣伝活動がままならず売上も芳しくなかったが、ステージで人気が出始めた[1][2]

表題曲は、後の1972年に、映画『旅の重さ』の劇中歌、2001年にアニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の挿入歌、2016年にサントリーBOSSコーヒーCM『地球調査シリーズ おまわりさん篇』、2017年に映画『恋妻家宮本』の劇中歌[3]に使用された。

エピソード[編集]

吉田拓郎の代表曲として知られるが、発売された1971年の読売新聞文化部の大沼正によるレコード評では「"時にはだれかの力をかりて" "今日まで生きてみました"なんてさっぱり分からない。若者のちょっぴりした感慨を並べただけじゃないか、という気がする。よしだはフォーク界では、かなり通ってるらしいがこの歌に限り岡林高石とはほど遠い。メロディもなく、歌にもなっていず、なによりフォークの持つ風刺やユーモアが欠けている。ボブ・ディラン近くは浅川マキを聞き直すべきだ」と言われている[4][5]

収録曲[編集]

  1. 今日までそして明日から
  2. ともだち

表題曲のカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青春のバイブル、富澤一誠、シンコー・ミュージック、p67
  2. ^ 坂崎幸之助のJ-Friends1、2008年、自由国民社、p22
  3. ^ 吉田拓郎の名曲「今日までそして明日から」、映画『恋妻家宮本』劇中歌に2016年11月3日 ORICON STYLE
  4. ^ 『新譜ジャーナル・ベストセレクション'70s』自由国民社、2003年、p73
  5. ^ 鈴木勝生『風に吹かれた神々―幻のURCとフォーク・ジャンボリー』シンコー・ミュージック、1987年、33頁

関連項目[編集]