今帰仁朝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今帰仁朝義(なきじん ちょうぎ、康熙41年11月2日(1702年12月20日) - 乾隆52年8月27日(1787年10月7日))は琉球王国第二尚氏王統の人。尚韶威・今帰仁王子朝典を元祖とする向氏具志川御殿の十世で、唐名は尚宣謨、童名を思徳金という。はじめ名乗は「朝忠」であったが、「忠」の字が禁字となったため、のち「朝義」に改めた。

三度の上国の経験をもち(うち一回は江戸上り)、尚穆冊封にさいしては摂政として任にあたった。また琉球における消防庁、総与方が創設されたときには最初の按司奉行の一人となった。

ところで同家は元祖:尚韶威・今帰仁王子朝典から代々 今帰仁間切の総地頭職とともに、北山監守を世襲してきた家であるが、朝義の曾祖父にあたる向従憲・今帰仁按司朝幸の代(1665年)に、今帰仁間切から首里に住むように命ぜられ転居していた。しかしのちにこの城域が郡民の管理に委ねられようとしたさい、朝義はこれまでのいきさつを上申し、それを防ぎ、従来通り同家が城域を管理することとなった。朝義は城内に「山北今帰仁城監守来歴碑記」を立て、その来歴を記した。

系譜[編集]

父:向鳳彩・今帰仁按司朝季の長男として生まれる(母は無系真鍋樽)。父には正室があったが、子ができなかったため真鍋樽を側室として娶り、そのあいだに生まれたのが朝義である。また父は16歳のときに今帰仁間切内の女子と一女をもうけており、これが姉の真増金である。朝義は室に向氏真松金をむかえ、子を五人もうけるも男子がなかった。ために嫁いだ三女の子を嗣子とし、家統を継がせた。

  • 父:向鳳彩・今帰仁按司朝季
  • 母(父の正室):向氏思武太金・司雲上按司 (向殿柱・喜屋武按司朝里の長女)
  • 姉の母(父の妾か):無系真蒲戸 (今帰仁間切親泊村親泊仁屋の娘)
    • 姉(長女):真増金 (孟氏仲宗根筑登之親雲上幸矩に嫁ぐ)
  • 実母(父の側室):無系真鍋樽 (大里間切与那原村上原筑登之親雲上の娘)


  • 室:向氏真松金・湧川按司 (向兆鳳・小波津按司朝恒の次女)
    • 長女:思亀 (夭死)
    • 次女:思戸金 (夭死)
    • 三女:武樽金 (蔡寅・具志頭親方得興に嫁ぐ)
    • 四女:真鍋樽金 (未婚)
    • 五女:真松金 (向永隆・羽地按司朝英に嫁ぐ)
    • 嗣子(三女の子):尚弘猷・今帰仁王子朝賞

経歴(月日は旧暦)[編集]

  • 1702年康熙41)11月2日 生まれる。
  • 1716年(康熙55)8月6日 カタカシラを結う。今帰仁間切運天の名島を賜る(→向宣謨・運天按司朝忠)
  • 1724年(雍正2)7月27日 父:向鳳彩・今帰仁按司朝季が亡くなる。
    • 9月21日 父の跡を継ぎ今帰仁間切の総地頭となる(→向宣謨・今帰仁按司朝忠)
  • 1726年(雍正4)12月21日 署寺社奉行となる。
  • 1730年(雍正8)12月15日 寺社奉行となる。
  • 1732年(雍正10)8月15日 御殿の堂号を徹淵堂とする。
  • 1735年(雍正13)12月14日 大与奉行となる。
  • 1740年(乾隆5)閏5月18日 薩摩へ上国のため那覇港を出発。このときの儀者の一人に向廷瑛・玉城里之子親雲上朝喜(のちの奥平親雲上朝喜)がいた。
    • 閏5月26日 薩摩の琉球仮屋に到着。
    • 10月13日 公務を全て終え、鹿児島を発つ。
    • 10月25日 帰国。
    • 12月19日 大与奉行となる。
  • 1741年(乾隆6)9月29日 (初代の)総与頭職につく。同僚は向氏名護按司朝栄、向氏小禄按司朝朗、向氏喜屋武按司朝寛、向氏具志川按司朝利、向氏美里按司朝昌。
  • 1742年(乾隆7) 8月25日 今帰仁城が郡民の管理になろうとしていることに対し、覚を奏上。今帰仁城は従来の通り同家の管理となる。
  • 1745年(乾隆10)12月18日 御系図奉行となる。
  • 1747年(乾隆12)4月6日 島津宗信の家督相続を祝う慶賀使に任命される。またこのとき王子位に陞る(→尚宣謨・今帰仁王子朝忠)
  • 1748年(乾隆13)6月1日 薩摩へ上国のため那覇港を出発。
  • 1749年(乾隆14)2月19日 公務を全て終え、鹿児島を発つ。
    • 3月16日 帰国。
    • 8月16日 今帰仁城内に「山北今帰仁城監守来歴碑記」を建立。
  • 1751年(乾隆16)8月16日 王世子尚穆登位に伴う江戸上りの正使に任命される。
  • 1752年(乾隆17)6月4日 上国のため那覇港を出発。
    • 6月13日 薩摩の琉球仮屋に到着。
    • 9月11日 島津重年とともに鹿児島を出発。
    • 11月4日 大坂に到着。8日には大坂をたち翌日には伏見に到着。さらに12日伏見を発った。
    • 12月2日 江戸に到着。
    • 12月15日 島津重年とともに徳川家重に謁見。
    • 12月28日 江戸での公務を終え、鹿児島へ出発。
  • 1753年(乾隆18)3月1日 鹿児島到着。
    • 3月26日 公務を全て終え、鹿児島を発つ。
    • 4月9日 帰国。
    • 12月1日 大与総奉行となる。
  • 1753年-1755年ごろ(乾隆18-20) このころ名乗「朝忠」の「忠」の字が禁字となり、名を「朝義」に改める(→尚宣謨・今帰仁王子朝義)
  • 1755年(乾隆20)9月8日 摂政に任命される。
  • 1756年(乾隆21)7月8日 尚穆冊封のための冊封使が来琉し、朝義は摂政として諭祭から七宴の全ての行事に参加する。
  • 1757年(乾隆22)4月12日 久米島の具志川間切を加授される。
  • 1770年(乾隆35)11月11日 致仕する。
  • 1787年(乾隆52)8月2日 亡くなる(享年86)。
先代:
北谷朝騎
琉球の摂政
1755年 - 1770年
次代:
読谷山朝恒