今川範氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
今川範氏
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代前期
生誕 正和5年(1316年
死没 正平20年/貞治4年4月30日1365年5月21日
別名 五郎(通称)
戒名 慶寿寺殿雲峰信慶大禅定門
墓所 静岡県島田市大草の慶寿寺
官位 従五位下、左馬助、上総介、左近将監、中務大輔
幕府 室町幕府駿河守護
主君 足利尊氏義詮
氏族 駿河今川氏
父母 父:今川範国
兄弟 範氏貞世氏兼仲秋
氏家泰範

今川 範氏(いまがわ のりうじ)は、南北朝時代前期の守護大名駿河今川氏の第2代当主。

生涯[編集]

文和2年(1353年)に父範国から家督を譲られて当主となる。しかし父が存命し、武将として弟の貞世の方が優れていたため、影が薄い存在であった。ただし、実際の家督は貞世が相続していた可能性もある。 貞治4年(1365年)4月に死去、享年50。長男の氏家も亡くなっていた為、僧侶だった次男の泰範が還俗して後を継いだ。