今岡諒平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今岡 諒平(いまおか りょうへい、1990年3月1日 - )は、元プロ野球審判員

日本野球機構審判部関西支局所属。審判員袖番号は61

来歴・人物[編集]

岡山県立笠岡商業高等学校卒業。2013年3月1日にプロ野球審判員となる。審判員としては珍しいサウスポーである。

2017年度のウエスタン・リーグ表彰で、優秀審判員に選出された[1]。2018年4月25日の東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース戦で一軍初出場を果たした。

2019年シーズンをもって退職[2]

問題になった判定[編集]

2019年4月21日中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ第6回戦(ナゴヤドーム)に二塁塁審として出場。5回表(ヤクルトの攻撃)、一死二塁で上田剛史の打球は二塁後方への飛球となる。中日の二塁手、堂上直倫はこれを捕球したあと、二塁走者の雄平が離塁していたので二塁へ送球し、遊撃手京田陽太が二塁に触球したが、今岡はセーフと判定した。中日の与田剛監督からの要請によるビデオ判定を経て判定が覆り、併殺が成立した。[3]中日はこの件について、今岡がプレーを見ていなかったのに判定を下したとして、翌4月22日日本野球機構 (NPB) に見解を問う意見書を出し、NPBはこれに即日回答し、今岡がプレーを見ずに判定したと認めた。[4]中日は回答を受け取るも「内容が不完全」だとして改めてメールにより照会をした上で、24日に記者会見を開き、加藤宏幸球団代表は、今岡が試合後に「見てました」と発言したとする報道があったことに不信感を抱いたが、「真摯な回答があった。本件はこれで終わり」と述べ、これ以上問題にしないことを表明した。[5]

審判員出場記録[編集]

表彰[編集]

  • ウエスタン・リーグ優秀審判員:1回 (2017年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ウエスタン・リーグ表彰 2017年 表彰選手 日本野球機構
  2. ^ 日本野球機構オフィシャルサイト 2020年度 審判員一覧
  3. ^ 中日後味悪い勝利…与田監督「審判が見てないように見えた」 判定覆るも意見書提出へ”. スポニチAnnex/スポーツニッポン (2019年4月21日). 2019年10月20日閲覧。
  4. ^ NPB「見ずに判定」認める”. 中日スポーツ/中日新聞社 (2019年4月23日). 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ 21日の誤審問題、ようやく収束”. 中日スポーツ/中日新聞社 (2019年4月25日). 2019年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]