今尾文昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今尾 文昭(いまお ふみあき、1955年10月15日[1] - )は、日本の考古学者。

来歴[編集]

兵庫県尼崎市生まれ。1974年同志社高等学校卒業。1978年同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業。奈良県立橿原考古学研究所総括研究員。2008年「律令期陵墓の成立と都城」で奈良大学より博士(文学)を取得。

著書[編集]

  • 『古代日本の陵墓と古墳 2 律令期陵墓の成立と都城』青木書店 2008
  • 『古代日本の陵墓と古墳 1 古墳文化の成立と社会』青木書店 2009
  • 『ヤマト政権の一大勢力・佐紀古墳群』シリーズ「遺跡を学ぶ」新泉社 2014

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.301

参考[編集]