今堀拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今堀 拓也(いまほり たくや、1978年 - )は、日本現代音楽作曲家神奈川県横浜市生まれ。[1][2][3]

経歴[編集]

玉川大学文学部芸術学科にて三界正実土居克行に師事した後、パリ・エコールノルマル音楽院平義久に師事した[2][3]。2005-2006年IRCAM作曲家研究課程研究員[4][2]を務め、フィリップ・ルルーフランス語版ジャン=リュック・エルヴェフランス語版に師事した[2][3]。以後彼の作品にはエレクトロニクスが多く援用されている[5]。2012年よりジュネーヴ州立高等音楽院ミカエル・ジャレルルイス・ナオン英語版スペイン語版フランス語版に師事して修了[5][2][3]2014年よりローマサンタ・チェチーリア国立アカデミアに在籍しイヴァン・フェデーレに師事して修了した。[5][3]

受賞歴[編集]

活動[編集]

2001-2010[編集]

2011-[編集]

  • 2011年とピアノとエレクトロニクスのための『Layer of Lights』[r 11]が東京のニンフェアール第7回公演で中村華子朝川麻里の演奏[46]中西宣人の光学装置をともなう映像装置の演出[47]を伴って初演。同年銀座ヤマハホールでの玉川大学主催「玉川Music Day」でも再演[48]
  • 2011年2月、アクースモニウム作品『主の祈り』[r 12]をJCMR KYOTOの委嘱で初演[49]。6月には作曲グループPATHの演奏会でヴァイオリン、チェロとエレクトロニクスのための『交わる鎖』[r 13]辺見康孝多井智紀の演奏で初演する[50]
  • 2011年9月キプロスニコシアでのファロス現代音楽祭でフルート、クラリネットとピアノのための『Vines』[r 14]が初演された[51][52][2]
  • 2011年12月東京電機大学で行われたアジアコンピュータ音楽プロジェクトACMPに参加し、ヴィブラフォン、マリンバとエレクトロニクスのための『錬金術』[r 15]正木恵子の演奏で初演した[53][54]。同曲は2013年にジュネーヴでもチュウ・チンシュンの演奏で再演され[3]、2014年にはフィリップ・スペーサーの演奏でマドリッドで演奏されている[55]
  • 2012年ベルギーの在ブリュッセル日本大使館で、エレクトロニクスをともなう『弦楽四重奏曲』[r 16]タナ弦楽四重奏団フランス語版により演奏[56]
  • フィンランドポルヴォーのAvanti! XXVII SUVISOITTO で弦楽オーケストラとエレクトロニクスのための『Aino』[r 17]アヴァンティ!室内管弦楽団英語版により演奏された[57][58]
  • イタリアコンティリアーノで9人のアンサンブルとエレクトロニクスのための『Glacier』[r 18]がアンサンブル・アルスナーレにより演奏され[59][3]、同じくイタリアのアッシジのアーティストレジデンスArtestudio Ginestrelleに滞在し[60]、ソプラノの太田真紀とコンサートを開催している[61][62]
  • 2012年9月トリオmmm...の震災義援音楽配信プロジェクト「ヒバリ」49週で、フルート、ヴァイオリン、ピアノのための『雪の聖母』[r 19]がインターネット配信で発表された[63]
  • 2013年オーストリアミュルツツーシュラークでInternational Summer Academyに参加、フルート、ヴァイオリン、ピアノのための『Trio』[r 20]を初演し、初演者のカテリーナ・ポッパミチコ・ザウラー遠山沙織は、この曲の演奏で現代作品パフォーマンス賞を受賞した[64][5]
  • 2014年京都MEDIA SHOPでの講演企画「電子音楽のスタディーズ VIII 電子音楽のマラソン・リスニング」にジュネーヴからSkypeで出演し、「最近の自作におけるエレクトロニクスの援用について」と題する講演を行った[65]
  • 2015年2月付の日本電子音楽協会のインタビュー[5]では近作として、アクースモニウム作品『Paysage』[r 21](2014年)、17人のアンサンブルとエレクトロニクスのための『結晶作用 - スタンダール恋愛論による Cristallisation - d'après «De l'Amour» de Stendhal』[r 22](2014年)、オーボエ、ハープとエレクトロニクスのための『Battements d’ailes de canard dans la rosélière(葦辺行く鴨の羽音)』[r 23](2014年)、ピアノと16人のアンサンブルとエレクトロニクスのための『Illusione dell’acqua lucente(輝ける水の幻影)』[r 24](2013年)の4作が引用されている。このうち『Paysage』[r 21]はジュネーヴ・コルナヴァン駅の改装披露式[5][66]で初演されたほか、東京のCCMC2015に入選しており[10]、また『葦辺行く鴨の羽音』[r 23]はジュネーヴのアルシペル音楽祭フランス語版で初演されている[67][2]
  • 2015年12月3日にイタリア・ローヴェレでNew Made Ensembleの公募入選により『I Colliblì』が演奏された[68]
  • 2017年4月23日にイタリア・トレントでMotocontrario Ensembleにより『Rosa Rugosa』が演奏された[69]
  • 2017年5月5日にドイツ・ヴィッテン室内楽現代音楽祭で、アンサンブル・モデルン国際アカデミー(IEMA)の公募入選により『Accumulation』が演奏された[70][71]
  • 2018年4月より6月まで、オーストリア文化庁KulturKontaktレジデンス招聘作曲家としてウィーンに滞在した[72]。同年10月にEnsemble Reconsilにより『Rosa rampicante(蔓薔薇)』がウィーンのReaktorで初演された。
  • 2019年2月24日に第2回バーゼル作曲コンクールにてオーケストラのための『綺麗に咲く千の花とともに Con mille fiori che sbocciano così belli』がバルデュール・ブレニマン指揮バーゼル・シンフォニエッタにより演奏され、第3位を受賞した[73][74]
  • 2020年6月6日、KLANG国際作曲コンクールで『Cristallisation(結晶作用)』が第1位およびフランス国立モンペリエ・オペラ管弦楽団による特別賞を受賞した[18][19]
  • 2020年12月19日先行公開の映画『ネズラ1964』で劇中音楽および主題歌『ネズラマーチ』の作曲を担当した[75]

著作[編集]

川崎弘二編著『黛敏郎の電子音楽』に「AudioSculptによる黛敏郎作品の音響解析」を寄稿した[76]

主要作品[編集]

  • 16人のアンサンブルのための『時の環 Circle of Time』
  • フルートオーケストラのための『Woven Breaths』
  • 弦楽四重奏のための『Commentaire sur la symphonie n. 2 de Hans Werner Henze』
  • ヴァイオリンとピアノのための『同期(サンクロニザシオン) Synchronisation』
  • フルートとピアノのための『Synchronisation II』
  • 4人の奏者のための『下降気流』
  • 六重奏のための『Éclat dans la pénombre』
  • アンサンブルのための『Au cœur』
  • フルート、クラリネット、ピアノとエレクトロニクスのための『Brassage』
  • フルートとエレクトロニクスのための『Reflet dans l’image』
  • ヴァイオリンとハープのための『レースを編む女』
  • オンド・マルトノとライブ・エレクトロニクスのための『La lune pâlie de l’aurore』
  • フルート、クラリネット、ピアノとエレクトロニクスのための『Brassage』
  • フルートとエレクトロニクスのための『Reflet dans l’image』
  • 笙とピアノとエレクトロニクスのための『Layer of Lights』
  • ヴァイオリン、チェロとエレクトロニクスのための『交わる鎖』
  • エレクトロニクスをともなう『弦楽四重奏曲』
  • 弦楽オーケストラとエレクトロニクスのための『Aino』
  • 9人のアンサンブルとエレクトロニクスのための『Glacier』
  • フルート、ヴァイオリン、ピアノのための『雪の聖母』
  • フルート、ヴァイオリン、ピアノのための『Trio』
  • アクースモニウム作品『Paysage』
  • 17人のアンサンブルとエレクトロニクスのための『結晶作用 - スタンダールの恋愛論による Cristallisation - d'après «De l'Amour» de Stendhal』
  • オーボエ、ハープとエレクトロニクスのための『Battements d’ailes de canard dans la rosélière(葦辺行く鴨の羽音)』
  • ピアノと16人のアンサンブルとエレクトロニクスのための『Illusione dell’acqua lucente(輝ける水の幻影)』

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Circle of Time (Donaueschingen) (2001)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  2. ^ "Woven Breaths" for 32 flutists (2002)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  3. ^ "Commentaire" for string quartet (2002)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  4. ^ "Synchronisation" for violin and piano (2003)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  5. ^ "Synchronisation II" for flute and piano (2005)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  6. ^ "Éclat dans la Pénombre" for piccolo, clarinet, violin, viola, cello and piano (2004)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  7. ^ "Au Cœur" for recorder, accordion, percussion and piano (2005)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  8. ^ "La lune pâlie de l’aurore" for Ondes Martenot and live-electronics (2006)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  9. ^ "Brassage" for flute, clarinet, piano and live-electronics (2007)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  10. ^ "La dentellière" (part 1) for violin and harp (2010)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  11. ^ "Layer of Lights" for sho, piano and live-electronics (2011)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  12. ^ Pater Noster for fixed media (originally 4chs) (2011)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  13. ^ "Les chaînes croisées" for violin, cello and live-electronics (2011)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月14日閲覧。
  14. ^ "Vines" for flute, clarinet and piano (2011)”. ReverbNation Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  15. ^ Alchimie for vibraphone and marimba with electronics (2011, performed in 2013)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  16. ^ String Quartet with electronics (2012)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  17. ^ Aino for string orchestra and electronics (2012)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  18. ^ Glacier for 9 players and electronics (2012)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  19. ^ Madonna della Neve (extract) (2012)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  20. ^ Trio for flute, violin and piano (2013)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  21. ^ a b Paysage (2014)”. Vimeo Capucine Bily. 2015年3月13日閲覧。
  22. ^ Takuya Imahori: Cristallisation - d'après «De l'Amour» de Stendhal”. YouTube Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  23. ^ a b Battement d’ailes des canards dans la roselière for oboe, harp and electronics (full version)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。
  24. ^ Illusione dell’acqua lucente - Concerto for piano and chamber orchestra with electronics (2013)”. SoundCloud Takuya Imahori. 2015年3月13日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ Takuya Imahori”. IRCAM. 2017年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Takuya Imahori”. Festival Archipel. 2015年3月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Takuya Imahori”. Takuya Imahori. 2015年3月12日閲覧。
  4. ^ a b IRCAM Saison 06.07”. IRCAM. 2015年3月12日閲覧。 pdf page 4
  5. ^ a b c d e f g JMEM電子音楽カレンダー/2015年2月のピックアップ”. JMEM日本電子音楽協会. 2015年3月12日閲覧。
  6. ^ Archief”. Gaudeamus Music Week. 2015年3月12日閲覧。
  7. ^ Computer Music Journal Spring 2002, Vol. 26, No. 1, Pages 10-15”. MIT Press Journal. 2015年3月12日閲覧。
  8. ^ a b Takuya Imahori”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  9. ^ 第3回武生国際作曲ワークショップ”. 田中吉史のページ/○○論、のようなもの?. 2015年3月12日閲覧。
  10. ^ a b CCMC2015入選作品発表!”. acsm116. 2015年3月12日閲覧。
  11. ^ Composers in Residence 2009-2012”. VICC Visby International Composers Centre. 2015年3月12日閲覧。
  12. ^ Composers in Residence 2013-2016”. VICC Visby International Composers Centre. 2015年4月14日閲覧。
  13. ^ New Made Ensemble”. New Made Ensemble. 2017年5月15日閲覧。
  14. ^ 05.05.2017 Witten Witten 2017 Newcomer Konzert”. WDR. 2017年5月15日閲覧。
  15. ^ Alter Meister ganz jung”. Neue Musikzeitung. 2017年5月15日閲覧。
  16. ^ BASEL-COMPOSITION-COMPETITION”. BASEL-COMPOSITION-COMPETITION. 2019年3月14日閲覧。
  17. ^ クラシック音楽_バーゼル作曲コンテストで今堀拓也氏が第3位受賞”. Swiss Info日本語版. 2019年3月14日閲覧。
  18. ^ a b Concours international de composition électroacoustique KLANG!” (フランス語). maison des arts sonores - KLANG! (2018年6月6日). 2020年12月18日閲覧。
  19. ^ a b 今堀拓也がフランスのKLANG!エレクトロニクス国際作曲コンクール1位、及び特別賞を受賞! 音楽評論家の西耕一が緊急インタビュー!” (日本語). スリーシェルズ Three Shells (2020年6月10日). 2020年12月18日閲覧。
  20. ^ "Zweed en Japanner winnen Gaudeamus"(スウェーデン人と日本人がガウデアムス賞を受賞), De Telegraaf紙, maandag 10 september 2001
  21. ^ "Gaudeamus beloont avontuur"(ガウデアムス賞の冒険), Frits van der Waa執筆, De Volkskrant紙, maandag 10 september 2001
  22. ^ 南西ドイツ放送・プレスリリース, 23.10.2001
  23. ^ "Wenn das schon alles ist!", Peter Uehling執筆, Berliner Zeitung紙, Mittwoch 24.10.2001
  24. ^ Donaueschinger Musiktage 2001”. SWR. 2015年3月12日閲覧。
  25. ^ Aufblubberndes Chorkonzert”. Frankfurter Allgemeine. 2015年3月12日閲覧。
  26. ^ Circle of time : for 16 players / Takuya Imahori; Deutsches Symphonie Orchestrer, Berlin; Johannes Kalitzke, direction”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  27. ^ Woven breaths : for flute orchestra / Takuya Imahori; Het Nederlands Fluitorkest; Jorge Caryevschi, direction”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  28. ^ The Netherlands Flute Orchestra”. The Netherlands Flute Orchestra. 2015年3月12日閲覧。
  29. ^ Festival Présences 2003”. tce-archives.fr. 2015年3月12日閲覧。 PDF page 33
  30. ^ Alla Breve : l'intégrale - Hommage à Hanz Werner Henze”. Radio France - France Musique. 2015年3月12日閲覧。
  31. ^ Acanthes 2003”. Centre Acanthes. 2015年3月12日閲覧。
  32. ^ Takuya Imahori (1978) Un Coup de dés jamais n'abolira le hasard (2003) pour 2 sopranos et flûte”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  33. ^ Impromptu (2003) : pour saxophone, piano, percussion et contrebasse”. Portail de la musique contemporaine. 2015年3月12日閲覧。
  34. ^ First Performances by Patricia Kopatchinskaja”. Patricia Kopatchinskaja. 2015年3月12日閲覧。
  35. ^ Synchronisation : pour violon et piano / Takuya Imahori; Patricia Kopatchinskaja, violon; Hiroaki Ooi, piano”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  36. ^ Archives”. ROSCO. 2015年3月12日閲覧。
  37. ^ Archives 2007”. next mushroom promotion. 2015年3月12日閲覧。
  38. ^ 24 mai 2005”. Boosey&Hawkes. 2015年3月12日閲覧。
  39. ^ Eclat dans la pénombre : pour petite flûte, clarinette, violon, alto, violoncelle et piano / Takuya Imahori; Ensemble Alternance”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  40. ^ ISTITUTO GIAPPONESE DI CULTURA A ROMA. INIZIATIVE”. Letteratura, arte e poesia - Haiku e paradossi. 2015年3月12日閲覧。
  41. ^ 鈴木俊哉 リコーダーリサイタル”. 鈴木俊哉. 2015年3月12日閲覧。
  42. ^ La lune pâlie de l’aurore”. IRCAM BRAHMS. 2015年3月12日閲覧。
  43. ^ Saison 2006 / 2007”. Ensemble Court-Circuit. 2015年3月13日閲覧。
  44. ^ Takuya Imahori (1978) La lune pâlie de l'aurore (2006) pour ondes Martenot et électronique”. X-Iksa. 2015年3月12日閲覧。
  45. ^ 「音で観る展覧会」公演情報”. 戦う!!ヴァイオリン 辺見康孝. 2015年3月12日閲覧。
  46. ^ Concert Calendar”. Sonorium. 2015年3月12日閲覧。
  47. ^ Prism Lights Overlay (2011)”. Yoshihito Nakanishi. 2015年3月12日閲覧。
  48. ^ 銀座YAMAHA・玉川Music Day2011”. 中村華子. 2015年3月12日閲覧。
  49. ^ 「こえ」をとらえる-電子音響における「声」-@MEDIA SHOP”. アオアオマン. 2015年3月12日閲覧。
  50. ^ 作曲家グループ「Path」 presents|「Path meets Trio Mushroom」|星谷丈生/渡辺俊哉/徳永崇/今堀拓也/津堅泰久/木下正道(新作初演含む)”. コンテンポラリー・ミュージックス・トウキョウ(β). 2015年3月14日閲覧。
  51. ^ International Pharos Contemporary Music Festival”. Pharos Arts Foundation. 2015年3月12日閲覧。
  52. ^ ファロス財団国際現代音楽祭レポート(前編)”. 日本現代音楽協会. 2015年3月12日閲覧。
  53. ^ ACMP 2011 in Tokyo Concert Schedule”. Asia Computer Music Project. 2015年3月13日閲覧。
  54. ^ ACMP Concert Series”. 東京電機大学. 2015年3月13日閲覧。
  55. ^ Répertoire pièces pour percussions et electronique”. Ensemble Flashback. 2015年3月13日閲覧。
  56. ^ Agenda 29/05/12”. Forum des compositeurs. 2015年3月12日閲覧。
  57. ^ XXVII SUVISOITTO”. Avanti! Chamber Orchestra. 2015年3月12日閲覧。
  58. ^ Sävellyspaja”. Tapahtumia tästä aiheesta. 2015年3月12日閲覧。
  59. ^ Summer 2012”. Composit. 2015年3月12日閲覧。
  60. ^ Artists in Residency 2012”. Artestudio Ginestrelle. 2015年3月12日閲覧。
  61. ^ CONCERTO Musica Contemporanea Dal Giappone”. Artestudio Ginestrelle. 2015年3月12日閲覧。
  62. ^ "Tempo libero - Sabato musicisti giapponesi in concerto"(フリータイム - 土曜日、日本人音楽家のコンサート), Il Giornale dell’Umbria紙, Giovedì 21 giugno 2012, p. 16
  63. ^ PAST WEEK 過去の配信楽曲 week 49”. ヒバリ Hibari. 2015年3月16日閲覧。
  64. ^ Just Composed”. Art by Michi. 2015年3月13日閲覧。
  65. ^ 電子音楽のスタディーズ VIII. 電子音楽のマラソン・リスニング”. 川崎弘二. 2015年3月12日閲覧。
  66. ^ Inauguration de la gare, un weekend plein de surprises!”. SBB/CFF/FFS.ch スイス国鉄. 2015年3月12日閲覧。
  67. ^ Atelier cosmopolite”. Festival Archipel. 2015年3月12日閲覧。
  68. ^ New Made Ensemble”. New Made Ensemble. 2017年5月15日閲覧。
  69. ^ Trento, «Festival Contrasti»: i due eventi di domenica 23 aprile”. L’Adigetto. 2017年5月15日閲覧。
  70. ^ 05.05.2017 Witten Witten 2017 Newcomer Konzert”. WDR. 2017年5月15日閲覧。
  71. ^ Alter Meister ganz jung”. Neue Musikzeitung. 2017年5月15日閲覧。
  72. ^ Willkommen KKA” (ドイツ語). Österreichische Austauschdienst (OeAD). 2020年12月18日閲覧。
  73. ^ BASEL-COMPOSITION-COMPETITION”. BASEL-COMPOSITION-COMPETITION. 2019年3月14日閲覧。
  74. ^ クラシック音楽_バーゼル作曲コンテストで今堀拓也氏が第3位受賞”. Swiss Info日本語版. 2019年3月14日閲覧。
  75. ^ 映画『ネズラ1964』公式サイト” (日本語). 映画『ネズラ1964』公式サイト. 2020年12月18日閲覧。
  76. ^ 川崎弘二編著『黛敏郎の電子音楽』、engine books、2011年8月28日発行、ISBN 978-4990595401、p. 52

外部リンク[編集]