今和泉村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いまいずみむら
今和泉村
Aerial Photo of Ikedako.jpg
池田湖
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
指宿町今和泉村指宿市
現在の自治体 指宿市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
揖宿郡
面積 39.88km².
総人口 9,838
(『鹿児島県市町村変遷史』 430頁、1950年(官報公示))
隣接自治体 指宿町、喜入村利永村開聞村頴娃町
今和泉村役場
所在地 鹿児島県揖宿郡今和泉村大字岩本2822番地[1]
外部リンク なし
座標 北緯31度17分30.6秒
東経130度35分51.2秒
今和泉村の位置図。地図は1950年時点
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

今和泉村(いまいずみむら)は鹿児島県薩摩半島の南部、揖宿郡に属していた

1889年に町村制の施行に伴い今和泉郷の区域より発足し、1948年に大字利永の区域が利永村(のちに山川町開聞町に分割編入)として分立し、1954年には揖宿郡指宿町と新設合併し指宿市となり、自治体としては消滅した。

地理[編集]

鹿児島県本土の南部に位置していた村であり、町村制施行時(1889年)時点の村域は江戸期の今和泉郷の区域と一致する。村域内には池田湖が所在しており、北部は鹿児島湾に面している。

村役場は大字岩本に設置されており、村役場の周辺を指宿線(当時)の薩摩今和泉駅二級国道226号が通り、鹿児島方面や指宿方面との交通の要所となっていた。

湖沼[編集]

大字[編集]

今和泉村は今和泉郷に属していた5村の区域より成立しており、江戸期の村は町村制が施行されたのに伴い、大字となっている。町村制施行時には岩本、小牧、新西方、池田、利永の5大字から構成されていた。1948年昭和23年)に大字利永の区域が利永村として分割され、今和泉村の大字数は4となった。1954年昭和29年)に今和泉村は指宿町と新設合併し、指宿市となり今和泉村に属していた大字は字域及び名称は変更されずそのまま指宿市の大字となった。

町村制施行時の今和泉村は現在の指宿市岩本小牧新西方池田山川利永開聞上野の区域にあたり、山川利永及び開聞上野の区域は利永村分立時の大字利永の区域にあたる(詳細は各大字記事を参照)。

歴史[編集]

今和泉郷の成立と近世[編集]

島津吉貴の末子である島津忠卿応永24年に川辺城の戦いで和泉家5代当主直久が戦死して以来断絶していた和泉家を継ぎ、今和泉島津家と称した[2]

その際、今和泉島津家は延享元年に指宿郷岩本村、小牧村及び西方村から分割された新西方村、頴娃郷池田村及び仙田村から分割された利永村の区域より編成された今和泉郷を領することとなり、忠卿は一所持に列せられ、後に佐多伊佐串良に持切在を有した[3]

領主仮屋は岩本の現在の指宿市立今和泉小学校が所在している場所に置かれ領主仮屋付近にはや野町が形成された[2]

町村制施行と近代[編集]

1889年明治22年)に町村制が施行され、それまでの今和泉郷の区域より今和泉村が成立し、村役場は岩本に置かれた。

村内ではタバコの生産が行われており、品種は指宿葉が栽培されていた。1903年明治36年)に今和泉村煙草耕作組合が設立され、盛んに生産が行われていたが、黄色種が多く輸入されるようになり村内での煙草の生産は大幅に減少した[2]

1934年昭和9年)に指宿線(現在の指宿枕崎線)が開通し村内には薩摩今和泉駅が設置された。1946年昭和21年)には岩本、小牧、新西方、池田に出張所が設置され、中心部から遠くに位置する利永には支所が設置された[4]

利永村の分立[編集]

村の南端部に位置していた大字利永は中心部より遠くに位置しており、村役場の支所が設置されるなど、独立の地位にあり古くより分村が検討されてきたが、分村したとしても小規模な村になってしまうことから鹿児島県や今和泉村は好ましくないとして慰留してきたが、1948年昭和23年)に分村が村議会、県議会で議決され、同年9月1日に今和泉村のうち大字利永村の区域が分割され利永村が成立した[5]

その後利永村は1955年昭和30年)に上野地区が開聞町に編入され開聞町上野(現在の指宿市開聞上野)となり[6]、残部が山川町に編入され、山川町利永(現在の指宿市山川利永)となった[7]

指宿町との合併[編集]

今和泉村の区域の大半は延享元年までは指宿郷のうち(池田村は頴娃郷のうち)であり、指宿町と今和泉村は同一の生活経済圏内となっており、言語や風習などが同一であることから、以前より合併が計画されており、1951年昭和26年)には「薩南市実施期成同盟」が結成されたことにより本格的な検討が行われ[8]1954年昭和29年)4月1日に指宿町と新設合併し、指宿市の一部となり自治体としては消滅した。また、それまでの今和泉村役場は指宿市役所今和泉支所となった[9]

沿革[編集]

変遷表
1889年以前 1889-1900 1900-1920 1920-1940 1940-1950 1950-1955 1955-1960 1960-1980 1980-2006 現在(2012年)
揖宿郡
指宿郷
揖宿郡
指宿村
1933年5月1日
町制 指宿町
1954年4月1日
新設 指宿市
2006年1月1日
新設 指宿市
揖宿郡
今和泉郷
揖宿郡
今和泉村
今和泉村
1948年9月1日
分立 利永村
1955年4月1日
山川町に編入
1955年4月1日
開聞町に編入

行政[編集]

  • 村長 : 西良啓(1951年4月 - 1954年3月31日)

歴代村長[編集]

町村制施行以後の村長を以下に記載する。表記は『指宿市誌』368頁に基づく。

氏名 就任期間
初代村長 詫摩治亮 1889年6月 - 1894年4月
二代村長 鎌田政武 1894年4月 - 1894年6月
三代村長 詫摩治亮 1894年6月 - 1896年9月
四代村長 佐藤信武 1896年9月 - 1897年10月
五代村長 宅間道心 1897年10月 - 1913年1月
六代村長 仁禮智 1913年1月 - 1914年11月
七代村長 邉見逸彦 1914年11月 - 1942年12月
八代村長 吉田透雄 1943年3月 - 1943年9月
九代村長 澤山四郎 1944年11月 - 1946年12月
十代村長 浜田虎熊 1947年4月 - 1951年3月
十一代村長 西良啓 1951年4月 - 1954年3月

支所・出張所[編集]

支所
  • 利永支所(1948年9月1日閉鎖)
出張所
  • 小牧出張所
  • 岩本出張所
  • 新西方出張所
  • 池田出張所

地域[編集]

教育[編集]

高等学校
中学校
  • 今和泉中学校(岩本[10]
  • 池田中学校(池田)
小学校
  • 今和泉小学校(岩本)
  • 今和泉小学校小牧分校(小牧)

郵便局[編集]

  • 今和泉郵便局
  • 池田郵便局

官公庁[編集]

  • 農林省鹿児島食糧事務所今和泉出張所

交通[編集]

鉄道[編集]

日本国有鉄道指宿線

道路[編集]

国道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鹿児島県市町村勢要覧 昭和25年度』p.29 - 鹿児島県総務部統計調査課 1961年
  2. ^ a b c 角川日本地名大辞典 p.116
  3. ^ 鹿児島県の地名 p.216-217
  4. ^ 『指宿市誌』 p.372 - 指宿市 1985年
  5. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』 p.162
  6. ^ 『開聞町史 改訂版』 p.272
  7. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』 p.543
  8. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』 p.430
  9. ^ 『指宿市誌』 p.381 - 指宿市 1985年
  10. ^ 合併後の1957年に今和泉高等学校の敷地と換地を行い新西方に移転
  11. ^ 学校沿革史 - 指宿市立今和泉小学校 2012年8月2日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]