今井祐次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井 祐次郎(いまい ゆうじろう、天保15年(1844年)? - 慶応4年1月5日1868年1月29日)?)は、新選組隊士。今井勇次郎今井祐三郎(いまい ゆうざぶろう)とも。

経歴[編集]

島田魁によれば、信州出身とされる。剣に優れる(川村三郎書簡)。

慶応元年4月27日(1865年5月21日)、土方歳三伊東甲子太郎らが江戸で隊士募集を行った際に入隊、7番隊に属し上洛する。慶応2年9月12日(1866年10月20日)、三条制札事件に参加した。

慶応4年(1868年)1月、鳥羽・伏見の戦いにおいて戦死するが、死については諸説あり、にて討ち死(横倉甚五郎)した説、江戸引き上げの軍艦富士山丸船中にて死亡(御香宮『戊辰東軍戦死者霊名簿』、今井勇次郎として記載)した説がある。また、鳥羽・伏見戦後に大阪八軒家の船宿・京屋忠兵衛方にて見たとの証言もある(川村三郎書簡)。板橋の新選組墳墓に記名がある。

なお、新選組隊士大石鍬次郎の兄・大石造酒蔵を斬殺したとも伝わる(ただし、造酒蔵は実際は鍬次郎の弟であるため虚構の疑いもある)。