今井林太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井 林太郎(いまい りんたろう、1910年1月13日 - 2003年9月8日)は、日本歴史学者神戸大学大手前大学名誉教授。専門は日本古代・中世史。

来歴[編集]

大阪府生まれ。第三高等学校中村直勝の講義を受け、日本史を専攻することにする[1]。1931年に卒業する[2]と、京都帝国大学では三浦周行の定年退官が決まっていたこともあり、「中世に於ける社寺と社会との関係」に惹かれて平泉澄のいる東京帝国大学へ進学する[1]。卒業論文では黒板勝美の承認を得て「中世荘園の農民」を取り上げた[1]1934年に文学部国史学科卒業[3]法政大学講師を経て、神戸大学教授。1973年定年退官、名誉教授、大手前女子大学教授。2003年9月8日、老衰のため93歳で死去[4]

著書[編集]

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『国史学論集 今井林太郎先生喜寿記念』今井林太郎先生喜寿記念論文集刊行会 1988

参考文献[編集]

  • 今井林太郎「歴史と私」、『歴史手帖』第19巻第3号、名著出版1991年、 3頁、 ISSN 02887568

脚注[編集]

  1. ^ a b c 今井林太郎 1991
  2. ^ 『第三高等学校一覧 昭和6年4月起昭和7年3月止』〔第三高等学校〕、〔1932〕、p.(名簿)195
  3. ^ 『官報』第2210号、昭和9年5月17日、p.435
  4. ^ 今井林太郎氏死去 神戸大名誉教授、日本古代・中世史 - 47news、2003年9月9日”. 2014年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月5日閲覧。