今井川 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今井川
水系 二級水系 帷子川
種別 二級河川
延長 7.0 km
流域面積 7.60 km²
水源 神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町
河口・合流先 帷子川(神奈川県横浜市保土ケ谷区岩間町
北緯35度27分12.8秒 東経139度36分21.4秒 / 北緯35.453556度 東経139.605944度 / 35.453556; 139.605944
流域 神奈川県横浜市保土ケ谷区
テンプレートを表示

今井川(いまいがわ)は、帷子川支流で、神奈川県横浜市を流れる河川である。

流域[編集]

全長は7.0kmで、流域はすべて横浜市保土ケ谷区になる。保土ケ谷区今井町の横浜カントリークラブ付近に源を発し、横浜新道をくぐる地点より下流約5.6Kmは二級河川となる。保土ケ谷区法泉付近よりJR東海道本線国道1号に沿って市街地を東に流れる。天王町駅付近で相鉄本線をくぐり、西区との区境に近い岩間町・西久保町の境で帷子川に合流する[1]。 横浜市道保土ケ谷二俣川線沿いの環状2号線立体交差部より上流部は今井雨水幹線として整備され、暗渠となっている。跡地の今井大上バス停付近から環状2号線付近までは『今井川いこいの水辺』として遊歩道化されている。

河川改修工事[編集]

大雨による河川の氾濫を防ぐため、1992年から2004年にかけて、保土ケ谷区狩場町権太坂の境の国道1号の地下に延長2,000m、容量178,000Km3のトンネル式地下調整池が建設された[2]。 2021年現在、今井川では今井川は年超過確率1/6.3の規模の降雨に対応できるよう河川改修を実施中で、帷子川合流点から横浜新道橋梁までの総4.74kmの区間で工事を行っている。[3]

橋梁[編集]

環状2号線より下流部のみ(名称不詳な人道橋は除く)

  • 鎌倉橋
  • 入の谷橋
  • 稲荷橋
  • たに谷戸橋(横浜新道を挟んで下流川にも同名の橋が架かっている)
  • 横浜新道橋梁
  • 今井橋
  • 法泉橋
  • 権現橋
  • 和倉橋梁(JR東海道本線橋梁)
  • 横浜横須賀道路橋梁
  • 元町橋
  • 欅橋
  • 新道明橋
  • 新大橋
  • 東伸橋
  • 瀬戸ヶ谷橋
  • 仙人橋
  • 瀬戸ヶ谷中橋
  • 八幡橋
  • 保土ヶ谷橋
  • 金沢橋
  • 神戸橋
  • 岩井橋
  • 中野橋
  • 田町橋
  • 大門橋
  • 逗子橋
  • 南北橋
  • 相鉄本線橋梁
  • 河口橋

(帷子川合流点)

脚注[編集]

  1. ^ 『横浜の川』p15
  2. ^ 今井川地下調節池の効果について (PDF)
  3. ^ 今井川 横浜市”. 2021年9月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 神奈川県・横浜市 『帷子川分水路建設工事記念誌』1997年。 
  • 横浜市下水道局 『横浜の川』横浜市下水道局、1999年。