今井宇三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今井 宇三郎(いまい うさぶろう、1911年 - 2005年)は、中国思想史学者。

1939年東京文理科大学卒、筑波大学教授、筑波大学哲学思想学系初代学系長。1961年「宋代易学の研究」で東京教育大学文学博士。1975年定年退官。大東文化大学教授をへて追手門学院大学教授。

易学が専門だが、『菜根譚』の注釈でも知られる。

著書[編集]

  • 宋代易学の研究 明治図書出版 1958
  • 菜根譚 洪自誠 明徳出版社 1967(中国古典新書)
  • 菜根譚 洪自誠 岩波文庫 1975


校註[編集]

  • 日本思想大系 53 水戸学 瀬谷義彦、尾崎正英と校注 岩波書店 1973
  • 新釈漢文大系 23-24 易経 上中 明治書院 1987-1993
  • 新釈漢文大系 63 易経 下 堀池信夫、間嶋潤一共著 明治書院 2008.11