今井俊満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今井 俊満
Toshimitsu Imai Shinchosha 1960-9.jpg
サインをする今井(右)
生誕 1928年5月6日
京都府京都市
死没 (2002-03-03) 2002年3月3日(満73歳没)
東京都中央区
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 洋画
運動・動向 アンフォルメル

今井 俊満(いまい としみつ、1928年5月6日 - 2002年3月3日)は、日本洋画家アンフォルメルの画家として、日本とパリを拠点に活動した。今井アレクサンドル、今井龍満(りゅうま)も画家。

人物[編集]

製作中の今井

父俊雄と母綾野の二男。京都市に生まれ、幼い時に大阪市船場安土町に転居[1]大阪市立船場尋常小学校を卒業すると、1941年に上京して旧制武蔵高等学校尋常科に入学した[1]。武蔵高校在学中から絵を描き始め、荻太郎梅原龍三郎安井曾太郎などに師事。1948年に武蔵高校を卒業した[1]

高校卒業後の1948年10月には第12回新制作派協会展で入賞[1]。1950年には東京藝術大学美術学部油絵科で1年間派遣学生として学び[2]、1952年にはフランスに私費留学し[1]ソルボンヌ大学文学部に学ぶ[3]サム・フランシスミシェル・タピエを知り、自身もアンフォルメル運動に参加した[1]。1956年に日本橋・高島屋で開催された「世界・今日の美術展」の際には、アンフォルメル作品の出品を斡旋[1]。日本で初めて本格的にアンフォルメルを紹介した展覧会であり、ジョルジュ・マチウ、タピエ、フランシスらが日本を訪れている[1]

1962年、現代日本美術展優秀賞受賞、1979年、紺綬褒章受章[4]。1983年にはフランスの芸術文化勲章オフィシエ受章[2]。1995年にはレジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ受章[4]。1997年にはフランス芸術文化勲章コマンドール受章[4]。2008年には文部大臣表彰[4]

1992年、急性骨髄性白血病を発症するものの、精力的な創作活動を続けた。2000年、末期がんで余命数ヶ月と告知され、同年12月、東京・銀座のギャラリーGANで「サヨナラ展」を開催。2002年3月3日、膀胱癌のために東京都中央区の国立がんセンター中央病院で死去[1]

個展[編集]

作品[編集]

1992年には新千歳空港に12メートルの壁画を作成したが、2014年4月現在一般人が立ち入れない区域にあり観ることはできない。

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 今井俊満 東文研データベース
  2. ^ a b 今井俊満 京都国立近代美術館
  3. ^ 今井俊満 正光画廊
  4. ^ a b c d 今井俊満 20世紀日本人名辞典(コトバンク)

参考文献[編集]

  • 『今井俊満展 : 東方の光』 今井俊満展実行委員会、1989年

外部リンク[編集]