仁木宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仁木 宏(にき ひろし、1962年- )は、日本史学者、大阪市立大学教授[1]大阪府生まれ。

経歴[編集]

  • 1981年3月 大阪府立高津高等学校卒業
  • 1985年3月 京都大学文学部卒業
  • 1987年3月 京都大学大学院文学研究科修士課程修了
  • 1990年3月 京都大学大学院文学研究科博士後期課程退学
  • 1990年4月 日本学術振興会特別研究員
  • 1990年6月 京都大学文学部助手
  • 1994年3月 京都大学博士(文学)学位取得
  • 1994年4月 園田学園女子大学国際文化学部専任講師
  • 1996年4月 大阪市立大学文学部講師
  • 1998年4月 大阪市立大学文学部助教授
  • 2001年4月 大阪市立大学大学院文学研究科助教授
  • 2007年4月 大阪市立大学大学院文学研究科准教授
  • 2009年4月 大阪市立大学大学院文学研究科教授

門下生[編集]

著書[編集]

  • 大山崎宝積寺文書 思文閣出版 1991.5(京都大学博物館の古文書8)
  • 空間・公・共同体 中世都市から近世都市へ 青木書店 1997.5 (Aoki library 近世)
  • 戦国時代、村と町のかたち 山川出版社 2004.2 (日本史リブレット)
  • 京都の都市共同体と権力 思文閣出版 2010.5 (思文閣史学叢書)

共編著[編集]

  • 堺の歴史―都市自治の源流― 朝尾直弘栄原永遠男小路田泰直共著 角川書店 1997.7
  • 寺内町の研究 第1-3巻 大澤研一共編 法藏館 1998.10
  • 松尾寺所蔵史料調査報告書 和泉市教育委員会 1999.3(和泉市史紀要第3集、仁木宏監修、和泉市史編さん委員会編集)
  • 都市 前近代都市論の射程 青木書店 2002.11 (「もの」から見る日本史)
  • 京都乙訓・西岡の戦国時代と物集女城 中井均共編 文理閣 2005.9
  • 難波宮から大坂へ 栄原永遠男共編 和泉書院 2006.3 (大阪叢書)
  • 守護所と戦国城下町 内堀信雄,鈴木正貴,三宅唯美共編 高志書院 2006.6
  • 信長の城下町 松尾信裕共編 高志書院 2008.8
  • 岸和田古城から城下町へ 中世・近世の岸和田 大澤研一共編 和泉書院 2008.8 (上方文庫)

脚注[編集]

  1. ^ 教員について | 大阪市立大学大学院文学研究科日本史研究室”. www.lit.osaka-cu.ac.jp. 2019年2月3日閲覧。