仁世宇駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仁世宇駅
にせう
Niseu
振内 (2.8km)
(7.4km) 岩知志
所在地 北海道沙流郡平取町字岩知志
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 富内線
キロ程 61.2km(鵡川起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1964年昭和39年)11月5日
廃止年月日 1986年(昭和61年)11月1日
備考 富内線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1978年の仁世宇駅と周囲約500m範囲。右側が日高町方面。駅は手前の林の影で判り難くなっているが、日高町側に踏切があり、仮乗降場スタイルの鉄骨コンクリート製の簡易型で、ホーム上踏切側に開放型の待合所を有していた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

仁世宇駅(にせうえき)は、北海道日高支庁沙流郡平取町字岩知志にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)富内線廃駅)である。富内線の廃線に伴い、1986年(昭和61年)11月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1964年(昭和39年)11月5日 - 国有鉄道富内線振内駅 - 日高町駅間の延伸開通に伴い、開業。旅客のみ取り扱い。 
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 富内線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の南側(日高町方面に向かって右手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた[1]

開業時からの無人駅で駅舎は無かったが、ホーム東側出入口附近にホームに屋根が掛けられた形の待合所を有していた[2]

駅名の由来[編集]

当駅の所在地近辺の地名より[注 1]。地名は、アイヌ語の「ニセウウㇱイ(niseu-us-i)」(ドングリ・多い・ところ)に由来する[3]

当駅所在地の集落名は「瑞穂」であったが、同名の地名が各所にあるという理由により近くの集落名を駅名に採用したという[1]

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は14人[1]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

2011年(平成23年)時点では更地になっているが、線路跡は築堤となって残存しており[2]、近くの道道にも踏切跡が残存する[2]。また、1999年(平成11年)時点では附近の線路跡にバラストが残存していた[5]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
富内線
振内駅 - 仁世宇駅 - 岩知志駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 駅所在地の北に「仁世宇」の地名あり(書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)12ページより)。

出典[編集]

  1. ^ a b c 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)108ページより。
  2. ^ a b c 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)91-92ページより。
  3. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 70. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年11月14日閲覧。. 
  4. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)11ページより。
  5. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)66ページより。

関連項目[編集]