什 (会津藩)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(じゅう)は、会津藩における藩士の子弟を教育する組織。同様の組織に薩摩藩の「郷中」がある。

概要[編集]

内の区域を「」という単位に分け、辺を細分して「」という藩士の子弟のグループに分けた。什では「什長」というリーダーが選ばれ、什長は毎日、什の構成員の家の座敷を輪番で借りて、什の構成員を集めて後述の7ヶ条からなる「什の掟」を訓示した。什長は訓示だけでなく、反省会も行い、違反したとされる構成員は審問を受け、違反した事実があれば年長者との話し合いのもと「無念」、「竹篦」、「派切り」といった制裁が実施された。順に厳しく、「無念」は口頭謝罪、「竹篦」はしっぺ、「派切り」は什からの追放(父親や兄に付き添われての謝罪があるまで解かれない)である。

什の掟は、ベストセラーとなった藤原正彦の著書『国家の品格』でも紹介され、会津出身の元衆議院議員の渡部恒三もたびたび引用したことから全国的にも知られるようになり、学校でのいじめなどが社会問題化するなか、テレビドラマ『白虎隊』などでも取り上げられ、教育関係者の注目も集めた。

なお、什の掟の現代版として会津若松市が「あいづっこ宣言」を策定した他、最後の一節「ならぬことはならぬものです」を引用した「NN運動」が福島県で展開されている。この「ならぬものは――」ばかりが強調されるきらいがあるが、最も重要視されるのは第1条「年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ」、第2条「年長者には御辞儀をしなければなりませぬ」(上意下達)である。

什の掟[編集]

  • 一、年長者(“としうえのひと”と読む。以下同じ)の言ふことに背いてはなりませぬ
  • 二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
  • 三、虚言を言ふ事はなりませぬ
  • 四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
  • 五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
  • 六、戸外で物を食べてはなりませぬ
  • 七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

ならぬことはならぬものです

関連項目[編集]

外部リンク[編集]