人間探求派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

人間探求派(にんげんたんきゅうは)とは、俳句において、自己の追求がそのまま俳句の追求になるように、自己の内面を生活のうちに詠もうとするもの。

「俳句研究」1939年8月号(改造社)に掲載された座談会「新しい俳句の課題」は、当時難解派と呼ばれていた中村草田男加藤楸邨石田波郷、篠原梵が参加して行われた。座談会は、同誌編集長・山本健吉の「貴方がたの試みは結局人間の探求といふことになりますね」という発言に、加藤楸邨が「四人共通の傾向をいへば『俳句に於ける人間の探求』といふことになりませうか」と受けて締め括られ、この4名に代表される作品の傾向が人間探求派と呼ばれるようになる。

人間探求派と称された俳人[編集]

  • 中村草田男 (1901年(明治34年)7月24日 - 1983年(昭和58年)8月5日)
  • 加藤楸邨 (1905年(明治38年)5月26日 - 1993年(平成5年)7月3日)
  • 石田波郷 (1913年(大正2年)3月18日 - 1969年(昭和44年)11月21日)

参考文献[編集]

  • 有富光英 『草田男・波郷・楸邨-人間探求派』 牧羊社、1990年。 ISBN 9784833311373
  • 特集「人間探求派の軌跡…さまざまに花開く個性」『俳句α』2009年4・5月号。