人見武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人見 武雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1935-01-05) 1935年1月5日(85歳)
身長
体重
179 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

人見 武雄(ひとみ たけお、1935年1月5日 - )は、滋賀県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

大津東高(現膳所高校)では、1952年夏の甲子園県予選決勝で瀬田高に敗退、京津大会には進めなかった。日本大学へ進学。東都大学野球リーグでは在学中に5回優勝。1年生の春季リーグからレギュラーとなり三塁手遊撃手として活躍。1954年秋季リーグでは穴吹義雄に次ぐ打率.345を記録。1955年春季リーグで優勝に貢献、最高殊勲選手賞を獲得した。直後の全日本大学野球選手権大会では、決勝で明大秋山登に完封され準優勝。翌1956年の同大会でも、同じく決勝で関大村山実に抑えられ準優勝に終わった。リーグ通算98試合出場、364打数101安打、打率.277、3本塁打。大学同期に島津四郎江崎照雄投手二塁手の畠中良雄(阪急)がいる。

畠中とともに1957年阪急ブレーブスへ入団。1年目から三塁手として増田浩と併用され、65試合に先発出場。2年目の1958年には三塁手の定位置を得る。1960年には初めて規定打席(打率.270、14位)に達した。1961年には石井晶が三塁手に起用されたため、内野全般をこなすユーティリティプレーヤーとして活躍するが、翌年から出場機会が減少。1964年引退した。引退後は六甲山ホテルの営業となる。[要出典]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 阪急 91 252 233 15 50 14 1 3 75 18 1 1 4 1 14 0 0 21 1 .215 .259 .322 .581
1958 97 322 300 33 83 12 2 4 111 29 10 4 2 2 15 0 1 30 9 .277 .313 .370 .683
1959 100 337 316 22 77 5 3 4 100 25 5 3 4 0 13 1 2 29 2 .244 .278 .316 .594
1960 114 430 407 50 110 27 2 5 156 37 8 5 4 2 15 1 2 43 6 .270 .300 .383 .683
1961 105 357 312 35 71 12 3 5 104 29 7 4 2 4 37 1 2 33 5 .228 .313 .333 .647
1962 70 169 156 14 28 5 2 1 40 15 5 4 2 1 10 0 0 29 6 .179 .229 .256 .485
1964 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:7年 582 1871 1728 169 419 75 13 22 586 153 36 21 18 10 104 3 7 186 29 .242 .288 .339 .627

背番号[編集]

  • 2 (1957年 - 1964年)

関連項目[編集]