人生の約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
人生の約束
監督 石橋冠
脚本 吉本昌弘
出演者 竹野内豊
江口洋介
松坂桃李
ビートたけし
西田敏行
制作会社 5年D組
製作会社 「人生の約束」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2016年平成28年)1月9日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億円[1]
テンプレートを表示

人生の約束』(じんせいのやくそく)は、2016年平成28年)1月9日公開の日本映画である[2]

概要[編集]

池中玄太80キロ』や『点と線』などのテレビドラマを手がけてきた石橋冠の初めての劇場作品。石橋が“第二のふるさと”と呼ぶ富山県射水市新湊地区を舞台にしたオリジナル・ストーリー。

主演は竹野内豊。他に、江口洋介松坂桃李ビートたけし西田敏行小池栄子などが出演した。

第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した高橋ひかるの女優デビュー作[3]

2015年(平成27年)3月20日にクランクイン[4]。5月2日・3日・6日に行われた富山県射水市新湊地区のロケでは、本来10月1日にこの地区で開催される「放生津曳山祭新湊曳山祭)」が、祭礼氏子、エキストラ、スタッフなど合わせて延べ1400人が参加して再現され、13基すべての曳山が曳き出された [5]。また13基の提灯山一斎点灯シーンは、本祭で実際に2年交代で花山車から提灯山に衣替えする射水市役所新湊庁舎の北側駐車場で行われた。 なお、10月の祭礼以外で13基の曳山が揃うのは初めてであった[6]。5月11日、クランクアップ[7]。10月1日には、完成報告会見が行われた[8]。12月20日、放生津八幡宮で開かれた凱旋イベントでは、1905年明治38年)以来110年ぶりに冬季に曳山への点灯が行われた[9]

キャスト[編集]

中原祐馬 - 竹野内豊
IT企業のCEO。かつて親友だった塩谷航平の郷里・富山県新湊を訪ねる。
渡辺鉄也 - 江口洋介
漁師。四十物町(あいものちょう)の曳山総代。塩谷航平の義兄(妻の兄)。塩谷航平の身内として航平をかばう。
沢井卓也 - 松坂桃李
祐馬の部下。
大場由希子 - 優香
祐馬の秘書。
風間 - 眞島秀和
祐馬の部下。
社員 - 飯田基祐髙橋洋
祐馬の部下。
藤岡小百合 - 小池栄子
四十物町の女漁師。
富樫美紀 - 美保純
スナック「海の女王」のママ。
渡辺美也子 - 市川実日子
渡辺鉄也の娘。
渡辺瞳 - 高橋ひかる[3]
塩谷航平の娘。伯父(母の兄)である鉄也のもとに身を寄せる。
近藤陽介 - 立川志の輔
四十物町の医師。
西村好子 - 室井滋
西村玄太郎の妻。
武田善三 - 柄本明
西町の町内会長。
検事 - 千葉哲也
東京地検特捜部検事
岩瀬厚一郎 - ビートたけし
富山県警捜査二課刑事。祐馬の会社に対する嫌疑を捜査する。
西村玄太郎 - 西田敏行
四十物町の町内会長。町内会長の長老として、ゲンさんと呼ばれ慕われる優しいおじいさん。

スタッフ[編集]

その他[編集]

劇中に出てくる「四十物町(あいものちょう)」は現在はない旧町名であるが、現存する曳山は四十物町として曳かれている。また、柄本明が町内会長を演じる「西町」は実在しない町で、西町公民館(山倉)とされる建物は、実際に曳山を持つ三日曽根(みっかそね)の公民館(山倉)である。

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.42
  2. ^ 竹野内豊、江口洋介&松坂桃李&ビートたけし豪華俳優陣と共演!『人生の約束』製作決定”. シネマカフェ (2015年3月18日). 2015年5月8日閲覧。
  3. ^ a b 新・国民的美少女が映画デビュー! 竹野内豊&江口洋介と共演『人生の約束』”. シネマカフェ (2015年4月1日). 2015年5月8日閲覧。
  4. ^ 江口洋介は短髪!石橋冠監督作「人生の約束」に西田敏行&ビートたけしら主演級ずらり”. 映画.com (2015年3月18日). 2015年5月8日閲覧。
  5. ^ 竹野内豊、江口洋介を地元民と勘違い!? 『人生の約束』撮影現場の様子が到着”. シネマカフェ (2015年5月8日). 2015年5月8日閲覧。
  6. ^ 「曳山13基勢ぞろい 映画 人生の約束 新湊でロケ 雰囲本番さながら」北日本新聞webun 2015年5月3日00:54掲載を閲覧
  7. ^ 現場リポート|NiTRo”. 株式会社日テレ・テクニカル・リソーシズ (2015年8月18日). 2015年10月26日閲覧。
  8. ^ “竹野内豊、「人生の約束」会見で西田敏行の意外な事実に触れる”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年10月1日). http://natalie.mu/eiga/news/161538 2015年10月26日閲覧。 
  9. ^ “竹野内豊、感動の富山凱旋!110年ぶり冬の曳山点灯でお出迎え”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151221/geo15122105050013-n1.html 2015年12月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]