人民勢力党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペルーの旗 ペルー政党
人民勢力党
Fuerza Popular
Fuerza popular.svg
党首 ケイコ・フジモリ
成立年月日 2010
本部所在地 ペルーの旗 ペルー リマ
共和国議会
15 / 130
(2020年)
政治的思想・立場 フジモリ主義
保守主義
新自由主義
右翼ポピュリズム
党旗 Flag of Fuerza Popular.svg
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

フエルサ2011西: Fuerza 2011)は、ペルーフジモリ主義保守政党。2012年に人民勢力党(じんみんせいりょくとう、西: Fuerza Popular)と党名が改称された[1]

概要[編集]

2010年に日系ペルー人アルベルト・フジモリ元ペルー大統領の娘であるケイコ・フジモリ議員が結成した保守主義、右翼政党。

政策的には貧困層の支持を集める右翼ポピュリズムとされ、規制緩和自由競争等の新自由主義政策を掲げている。また、治安維持強化に重点を置いている。

2016年現在ではペルー共和国議会内で71議席と最大の政党となっている。

政権と対立路線を採った結果、国政が停滞。2019年9月に業を煮やしたマルティン・ビスカラ大統領が議会の解散に踏み切った。2020年1月26日に総選挙が行われたが、人民勢力党は得票率6.9%と政党別順位では6位と低迷。総選挙の時期には、ケイコ・フジモリが大統領選での不正資金疑惑で捜査を受けるている身であり政治活動ができない状態にあった[2]

脚注[編集]

  1. ^ “Fujimorismo solicitó cambio de denominación para llamarse Fuerza Popular”. El Comercio. (2012年7月29日). http://elcomercio.pe/politica/gobierno/fujimorismo-solicito-cambio-denominacion-llamarse-fuerza-popular-noticia-1448304 2016年6月7日閲覧。 
  2. ^ フジモリ派、勢力後退 ペルー国会議員選”. 産経新聞 (2020年1月27日). 2020年1月27日閲覧。