人民の名義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人民の名義
ジャンル 政治ドラマ[1]
脚本 周梅森
孫馨岳
ディレクター 李路
闞犇犇(B组)
出演者 陸毅
張豊毅
呉剛
許亜軍
張志堅
柯藍
胡静
張凱麗
趙子琪
白志迪
李建義
高亜麟
丁海峰
馮雷
李光複
張晞臨
エンディングテーマ 韓磊、江映蓉『以人民的名义』
中華人民共和国の旗 中国
言語 普通話
シーズン数 1
話数 55
製作
製作総指揮 姚清
製作場所 江蘇省南京市[1]
江蘇省泰州市
江蘇省鎮江市句容市
北京市
重慶市
撮影監督 崔衛東
放送時間 45-55分
製作会社 最高人民検察院影視中心
放送
放送局 湖南衛視
初回 中華人民共和国の旗 中国
放送期間 2017年3月28日 (2017-03-28) – 2017年4月28日 (2017-4-28)

人民の名義』(じんみんのめいぎ、簡体字: 人民的名义拼音: Rénmín Dĕ Míngyì英語: In the Name of the People)は、2017年に中華人民共和国で製作された、全55話からなるテレビドラマ[2][3][4]

中国共産党と中国政府役職に関する知識[編集]

書記はどういう人物?[編集]

「中国共産党は中国人民を領導する」ということを中華人民共和国憲法に関する表現がありそうだ。ということで、中国共産党は「以党领政」(党を以って政を領す)、同級の状況において、書記より地方首長の地位が低いという原則がある。番組で漢東省委書記沙 瑞金(サ ズイキン)の地位は前任漢東省委書記趙 立春(チョウ リッシュン)以外誰よりもより有力だということだ。

漢東省委とは?漢東省委常委って何?拡大会議は?[編集]

総称は「中国共産党漢東省委員会」、つまり漢東省において中国共産党の指導部である、略して「漢東省委」。漢東省委常委は「中国共産党漢東省委員会常務委員会」の略称である。実は、漢東省委のみならず、中国各地各級の共産党委員会、人民代表大会、政治協商会議もはある特定の時期のみ全体会議を行うということですから、全体会議の休会期間中の事務は常務委員会に任せる。ということで、番組の中に同級の京州市委書記李達康と漢東省人民検察院検察長季昌明において、李書記は更に漢東省委常委のメンバーであるため、順位は季検察長より先である。

ちなみに、全国人民代表大会(全人代=国会)と全国人民政治協商会議は毎年三月に全体会議を開催する予定である。併せて「両会」と呼ばれている。

拡大会議は限定以外の者も入れた会議ということ。以前より規模が大きくなるため、「拡大」と名付けた。格別に入れたものは特定がない、一般的に主催者に指名されたものである。

書記と規委書記の違いは?[編集]

書記はこの地方のナンバーワンである人物で、何の事務にも責任を負う。規委書記は「規律検査委員会」に責任を持って、つまり共産党の幹部について、規律(贈収賄、不倫関係など)の問題について、検挙を受け、違反者に罰するという組織です。しかし、これは共産党党員のみ有効である。2018の「両会」に「国家監察委員会」という新設機構より、共産党党員も含める全体公務員に罰則を出すことになっている。

あらすじ[編集]

第1話 趙徳漢を調査[編集]

最高人民検察院(略称:最高検、最高司法権を持つ)反汚職総局捜査処の処長侯 亮平(コウ リョウヘイ)は検挙を受け、ある国家部委(中央省庁に相当)の処長趙徳漢と漢東省京州市(架空の地名)副市長である丁 義珍(チョウ ギチン)が贈収賄に疑われ、逃さないように北京に趙 徳漢を逮捕すると同時に、漢東省検察院の反汚職局の局長である陳 海(チン カイ)に丁 義珍への逮捕の協力を要請した。

侯処長は趙容疑者の住宅を捜査し成果を得ず、趙容疑者に駆け付けられたところ、勤務先の捜査令状を出し、引き続勤務先の捜査を始めた。一方、陳局長は侯処長の要請を受け、同局部下の処長陸 亦可(リク エキカ)に逮捕命令を出し、陸処長とその部下林 華華(リン カカ)と周 正(シュウ セイ)検察官二人とも、丁容疑者を逮捕することを命じた。

が、始めようとするところ、漢東省検察院院長季 昌明(キ ショウメイ)は彼らを阻止し、最高検からの手続きが不備のため、中国共産党漢東省委員会(略称:漢東省委)に報告に連れて行かせた。出席者は陳局長と季検察長のほか、漢東省委副書記である高 育良(コウ イクリョウ)、京州市委書記李 達康(リ タッコウ)と漢東省公安庁庁長祈 同偉(キ ドウイ)。それと同時に、北京に趙容疑者の勤務先の捜査も成果を得ず、侯処長は陳局長に「逃さないように」と言った。林、周両検察官は丁容疑者に投資者を宴す漢東国際ホテルに監視する途中、丁容疑者は秘密な電話を得て、省長に資料を用意することをかこつけて、宴会場から逃げ出した。それまで、省委員会での討論を止むことなしに対応措置が出られなかった。[豆知識:丁義珍は漢東省においての地位が高く、党の中央(最低でも省委)に報告し許可したことを得ないまま、簡単に漢東省検察院に送検することはできません。ですから、五人の争いが発生した。]

丁の逃走を発覚した検察官二人は上司に状況を了承させ、ホテルに全面的に捜査し、防犯カメラの映像に丁の逃走方向を発見した。逃走を知った陳局長は省委の結論が出ずに、逮捕することを決定した。それと同時に、丁容疑者はすでに偽身分で航空機でアメリカに亡命した。

第2話 暴れた趙の犯行[編集]

丁容疑者は民用航空機でロスアンゼルスに亡命した。

趙容疑者は侯処長が汚職の証拠を入手できぬまま、詰問し始め、無実の罪を着せることを告訴しようとした。その時、侯処長はわざと丁義珍の主管した京州市の項目のことを聞き始めた。趙容疑者は丁義珍の犯行が暴れたことを心配し始め、丁義珍から収賄したことを失言した。侯処長は趙容疑者の認罪する誠意がないことを了解し、慌てず騒がず趙の秘密別荘に連れて行かせた。到着したところ趙容疑者の顔色が一変し、立てるほど気力もない。さっき、趙容疑者は自分の別荘を否認し、お金に詰められた冷蔵庫を開けると、「ある人はわざと自分の冷蔵庫に金を詰め」と失言し、承認せざるを得なかった。

丁義珍逃走事件の報告会が終わった後、高副書記は祈庁長と李書記の気持ちを言及し、丁容疑者との共謀を打ち消した。李書記は自分の政治生命のため、そうやりました。八年前、林城に主管した時、副市長が汚職のため逮捕され、投資者は資金を撤回したため、林城のGDPは省内最下位になった。祈庁長が李書記を支持するのは、省委にいくための根回しであるからですが、高副書記は急がないように注意した。中央から任命を受けた漢東省委書記沙 瑞金(サ ズイキン)が来たばかりなので、歯に衣着せぬことを話せない。李書記は省長に昇進するという噂があるのです。

それと同時に、李書記は自分の勤務先に戻し、京州市光明区区長の孫 連城(ソン レンジョウ)と京州市規律検査委員会書記(略称:規委書記)張 樹立(チョウ ジュリツ)に八つ当たりする。季検察長は旋回の余地もないように迫って、高副書記は沙書記に責任を負わせ、丁義珍も李書記の化身と名乗り、不法行為を犯す。高副書記の気持ちをわからなく、祈庁長の支持の原因も分からず、李書記自分は思考にふけた。  

配役[編集]

登場人物 出演者 紹介
侯亮平
(ホウ・リャンピン
、コウ・リョウヘイ)
陸毅 最高人民検察院反汚職総局捜査処の処長、漢東省人民検察院副検察長兼反汚職局の局長。漢東大学在学中に陳海局長と同級、祁同偉の後輩、高育良副書記の教え子。
沙瑞金
(サ・ルイジン
、サ・ズイキン)
張豊毅 漢東省党委員会書記。親戚は陳岩石元副検察長の戦友、犠牲になったため陳元副検察長に扶養された。
李達康
(リ・ダカン
、リ・タッコウ)
呉剛 漢東省党委員会常務委員、京州市党委員会書記。妻は京州シティ銀行の副頭取欧陽菁。
祁同偉
(チー・トンウェイ
、キ・ドウイ)
許亜軍 漢東省公安庁の庁長。漢東大学在学中に陳海局長と侯亮平処長の先輩、高育良副書記の教え子。妻は高育良副書記の元上司の娘。
高育良
(カオ・ユリャン
、コウ・イクリョウ)
張志堅 漢東省党委員会副書記、漢東省党政法委員会書記。漢東大学在職中に陳海局長と侯亮平処長と祈同偉庁長の先生。元上司は祈庁長の義理の父。
陸亦可
(ル・イコ
、リク・エキカ)
柯藍 漢東省検察院反汚職局の女検査官。母の姉妹は高育良副書記の元配偶者。
高小琴
(カオ・シャオチン
、コウ・ショウキン)
胡静 山水集団(グループ)の会長。ツインの妹は高育良副書記の配偶者。
呉惠芬
(ウ・フエイフェン
、ゴ・ケイフン)
張凱麗 漢東大学教授。専門は明代史。高育良の妻。姉妹の娘は陸亦可処長。
陳岩石
(チェン・イェンス
、チン・ガンセキ)
白志迪 漢東省検察院元常務副検察長。陳海局長の父。季昌明検察長の元上司。沙瑞金書記の扶養者。
趙東来
(チャオ・ドンライ
、チョウ・トウライ)
丁海峰 漢東省京州市公安局の局長。
趙瑞龍
(チェン・ルイロン
、チョウ・ズイリュウ)
馮雷 趙立春の長男。高級官僚の子弟。
鄭西坡
(チェン・シポ
、テイ・セイハ)
李光復 大風廠工会の主席、新大風廠の会長。

主題歌[編集]

  • エンディング:『以人民的名義』(人民の名義を以て)、作詞:陳曦(チェン・シ)、作曲:董冬冬(ドン・トンドン)、演唱:韓磊(ハン・レイ)、江映蓉(ビビ・ジャン)
  • 挿入曲:『誓如當初』(誓いは当初の如し)、作詞:陳曦、作曲:董冬冬、編曲:閆天午(イェン・ティエンウ)、演唱:許鶴繽(シュ・ホビン)

脚注[編集]