人材市場価値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人材市場価値(じんざいしじょうかち)とは、ビジネスパーソンをベースとした人材の市場における価値である。今日のようなネットワーク社会において、「井の中の蛙、大海を知らず」ではもはや勝ち残れない。社内だけでなく、社外(市場)で通用するかどうかを確認する指標(データ)として、組織人材分析や企業内研修等で活用されることが多い。また、就職・転職する際に、転職候補者の推定年収を算定する際にこの言葉を用いることが多い。

言葉の歴史[編集]

1990年代中盤まで、「市場価値」という言葉はまだ浸透していなかった。1997年に、山一證券や北海道拓殖銀行等が経営破たんしたことで、“入社すれば絶対に潰れない”という大企業神話は崩壊した。それ以降、人材の流動化が徐々に高まり、社内評価のみならず、社外評価の物差しが社会的に必要になった。 パイオニア的な存在である市場価値測定研究所の市場価値測定テストを中心に、目新しさ(新規性と進歩性)により、NHKの「NHKスペシャル-世紀を越えて」、「クローズアップ現代」、「ワールドビジネスサテライト」等のTV番組、新聞、出版等のマスコミから注目を浴びた。15年以上の歳月が経過し、各メディアを通じ、市場に浸透した結果、市場価値は経営者・管理職・ビジネスパーソンに日常的に使われる言葉となっていった。

評価方法[編集]

市場価値の評価方法として、前述の市場価値測定テストに代表される基礎能力中心主義と大手人材紹介会社等のキャリア査定サービスなどに代表される専門・実務能力中心主義に分けられる。

評価方法の背景[編集]

最初にリリースされた市場価値測定サービスは、ビジネス基礎能力や性格特性などを中心に算出する市場価値測定研究所の市場価値測定テストであった。その後、転職希望者の囲い込み策として、リクルートエージェントやインテリジェンスなどの大手紹介会社が職務経歴等より実務力や専門力を中心とする年収査定サービスを無料で始めるようになった。雇用の流動化や転職希望者が増加しているため、上記のような市場価値を測定するサービスが急速に広まっている。

参考文献[編集]

コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BA%BA%E6%9D%90%E5%B8%82%E5%A0%B4%E4%BE%A1%E5%80%A4-802033

市場価値測定テスト http://www.mvaj.com/mvajtest/page/index.jsp

転職力&年収査定テスト http://career.nikkei.co.jp/contents/market/

無料!市場価値診断テスト https://type.jp/valuetest/input.do

3分!年収診断 http://cgi2.r-agent.com/3minutes/thmiServlet

DODA 年収査定 http://doda.jp/promo/nensa002/index.html