人工巣塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人工巣塔
巣台

人工巣塔(じんこうすとう)とは国の特別天然記念物に指定されたコウノトリ営巣するために設置された日本では兵庫県豊岡市を中心に愛媛県西予市広島県三次市に設置されている。

構造[編集]

高さ11mから13mの鉄筋コンクリート柱の頂上部に、直径約1.6mの鋼製の巣台が取り付けられているものが主流である。円台の上になど巣材を敷いて巣を作り、コウノトリが留まったり、子育てを行えるようになっている。

1959年但馬コウノトリ保存会が兵庫県豊岡市の百合地地区に建設して以来、市内各所に設置され、 2007年5月20日には百合地地区の人工巣塔において日本の自然界では43年ぶりにヒナが誕生し、同年7月31日には46年ぶりに巣立った。2009年に完成したハチゴロウの戸島湿地には2台のライブカメラコウノトリライブカメラ」が設置されており、巣台で暮らすコウノトリの様子をインターネットを通じて誰でも観察する事が出来る。

設置箇所[編集]

設置に係わる費用は行政出資だけではなく、民間企業市民団体による出資も多い。

兵庫県豊岡市[編集]

  • 百合地(ゆるじ) - 1959年2月に但馬コウノトリ保存会が設置
  • 百合地二代目 - 2006年2月24日に設置(コウノトリファンクラブからの寄贈)
  • 祥雲寺(しょううんじ) - 2002年に設置(豊岡ロータリークラブ、豊岡円山川ロータリークラブからの寄贈)
  • 三江(みえ) - 2006年3月10日に豊岡市立三江小学校の校庭に設置(但馬銀行からの寄贈)
  • 河谷(こうだに) - 2006年3月22日に新田小学校近くに設置(コウノトリファンクラブからの寄贈)
  • 赤石(あかいし) - 2007年に但馬県民局が設置
  • 山本 - 2007年に但馬県民局が設置
  • 野上(のじょう) - 2007年9月に田鶴野小学校近くに設置されたが営巣や産卵の実績無かったため、2010年2月に兵庫県立コウノトリの郷公園付属保護増殖センター近くに移設された。巣塔は第一生命保険姫路支社、第一生命労働組合姫路支部から寄贈されたもの。
  • 福田 - 2007年に但馬県民局が設置
  • 中川 - 2007年に但馬県民局が設置
  • 香住 - 2008年に但馬県民局が設置
  • 出石町小阪 - 2007年6月30日に小坂小学校に設置(関西電力、小坂地区区長会、PTAから寄贈)
  • 出石町袴狭(はかざ) - 2007年に但馬県民局
  • 出石町三木(みつぎ) - 2007年3月6日に設置(コウノトリファンクラブからの寄贈
  • 出石町伊豆 - 2008年に但馬県民局
  • 但東町唐川(からかわ) - 2008年に但馬県民局
  • 城崎町来日 - 2008年に但馬県民局が設置
  • 城崎町ハチゴロウの戸島湿地 - 2008年に設置(城崎町商工会青年部OB会からの寄贈)

兵庫県養父市[編集]

  • 八鹿町浅間 - 2010年3月27日に但馬県民局が設置

兵庫県朝来市[編集]

  • 山東町三保 - 2009年3月26日に但馬県民局が設置[1]

愛媛県[編集]

  • 愛媛県西予市宇和町 - 2008年10月25日に地元住民らと四電工(電気工事会社)が3基設置

広島県[編集]

  • 広島県三次市吉舎町 - 2006年7月28日に安田自治振興会、中国高圧コンクリート工業、中電工の協力により設置

島根県[編集]

 ・島根県雲南市立西小学校-2017年11月28日に設置

 ・島根県雲南市加茂町神原地区-2018年10月23日に設置

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コウノトリ飛んで来て豊岡市以外では初めて朝来に巣塔設置『神戸新聞』2009年3月23日付

外部リンク[編集]