人にやさしい安全運転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人にやさしい安全運転(ひとにやさしいあんぜんうんてん)は、財団法人全日本交通安全協会が発行していた教材。運転免許証更新時や違反講習時に配布された。全日本交通安全協会のサイトでも販売されていた。2012年4月以降の講習には、「交通の教則」と「人にやさしい安全運転」の2冊を統合し、分量も4分の1程度削減した「わかる 身につく 交通教本」が配布されている。[1]

概要[編集]

交通ルールを守った上で、さらに一歩進んで、先を読んで打つ手を考える読みの深い運転を「人にやさしい運転」としてその心構えなどを書いている。定番として書かれているのが「安全運転5則を守る」である。

  • 安全運転5則を守る
    • 安全速度を守ること
    • カーブの手前でスピードを落とすこと
    • 一時停止で歩行者の安全を守ること
    • 交差点では必ず安全を確かめる
    • 飲酒運転は絶対にしない

内容[編集]

  • 特集
    • 新たに追加された安全装置や震災、盗難対策などが紹介されている。
  • 第1章~第5章(2007年現在、第1章~第5章までとなっているが、今後変化する可能性がある。)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]