京須偕充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京須 偕充(きょうす ともみつ、1942年11月12日[1] - )は、落語の録音プロデューサー、落語評論家

来歴[編集]

東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業[1]ソニー・ミュージック(旧:CBS・ソニー)のプロデューサーとして、6代目三遊亭圓生の「圓生百席」や3代目古今亭志ん朝の作品など、数多くの落語レコード、CDの制作を手がけている。また、「朝日名人会」(有楽町朝日ホールで開催)、「朝日いつかは名人会」(浜離宮朝日ホールで開催)などの落語会をプロデュースしている(この落語会は録音することを前提としても開催)。

現在は、TBSテレビ(他にはBS-TBSCS TBSチャンネル)で放送されている『落語研究会』に出演し、落語の解説をしている。

著作[編集]

  • 圓生の録音室(青蛙房、1987、のち中公文庫、1999、ちくま文庫、2007)
  • みんな芸の虫(青蛙房、1989)
  • 芝居と寄席と(青蛙房、1991)
  • はなし家写真館 名手10傑・聴かせる視点(写真:横井洋司、青蛙房、1995.3)
  • らくごコスモス 落語、昨日今日明日(弘文出版、1996)
  • ガイド落語名作100選(弘文出版、1999)
  • ガイド落語名作プラス100選(弘文出版、1999)
  • 古典落語CDの名盤(光文社新書、2004)
  • 落語博物誌噺・噺家・高座をめぐるアイテム112(弘文出版、2005)
  • 志ん朝の高座(写真:横井洋司、筑摩書房、2005)
  • 落語名人会夢の勢揃い(文春新書、2005)
  • 古典落語これが名演だ!(光文社新書、2005)
  • とっておきの東京ことば(文春新書、2006)
  • 落語で江戸のうらおもて(ちくま文庫、2006)
  • 戦後10年東京の下町(文春新書、2007)
  • 幇間(たいこもち)は死なず 落語に学ぶ仕事術(ソニー・マガジンズ、ソニー・マガジンズ新書、2007)
  • 志ん朝の走馬灯(ちくま文庫、2009)
  • こんな噺家は、もう出ませんな 落語[百年の名人]論(講談社、2011)
  • 落語の聴き熟し―噺の真意・人物の本音・演者の狙いを聴(弘文出版、2011)
  • 落語家 昭和の名人くらべ(文藝春秋、2012)

編纂[編集]

  • 志ん朝の落語 1〜6(ちくま文庫、2003-2004)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.540