京阪電鉄不動産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京阪電鉄不動産株式会社
KEIHAN REAL ESTATE Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
540-6591
大阪府大阪市中央区大手前一丁目7番31号
設立 2000年6月21日
業種 不動産業
法人番号 2120001096131
事業内容 不動産の分譲・仲介・リフォーム
代表者 道本能久(代表取締役社長)
資本金 33億9,480万円
売上高 626億9000万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 61億8100万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 57億0500万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 39億8800万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 408億5400万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 1322億1800万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 京阪ホールディングス(100%)
外部リンク http://www.keihan-kiss.co.jp/
テンプレートを表示

京阪電鉄不動産株式会社(けいはんでんてつふどうさん、KEIHAN REAL ESTATE Co.,Ltd.)は、京阪ホールディングス100%出資の連結子会社(京阪グループ)。

資本金33億9,480万円。本社所在地は京阪天満橋駅上のOMMビル15階。主たる事業は分譲マンション・建売住宅・不動産仲介・リフォーム(管理は「京阪カインド(株)」が受け持つ)。

概要[編集]

京阪電鉄不動産株式会社は、京阪電気鉄道が持株会社「京阪ホールディングス」に移行するのに伴い不動産部門を別会社化する受け皿として2000年(平成12年)6月21日に資本金5000万円で設立された。同年8月建設大臣より宅地建物取引業者の免許を受けて同年10月1日付けで「京阪電気鉄道株式会社」より『まちづくり事業本部営業』を移管される。

2001年(平成13年)8月に「くずはタワーシティ」第1期分譲を開始し、2002年(平成14年)4月に「京阪建設株式会社」より『住宅リフォーム事業』の営業譲渡を受け、同年7月には 戸建事業部・マンション事業部・流通事業部・受注事業部からなる事業部制組織を編成。 2003年(平成15年)11月に京阪電鉄の営業圏外の東京営業所を設立し首都圏へ進出、東京都港区白金に分譲マンション「プレイス白金」を分譲を開始した。2006年(平成18年)4月に東京営業所は「首都圏事業部」へと組織改編した。

2011年(平成23年)7月8日、京阪東ローズタウンにリフォームショールーム「京阪ファーストリフォームプラザ」がグランドオープン。

2016年(平成28年)4月1日、京阪電気鉄道(現在の京阪ホールディングス)の不動産事業を継承。

おもな開発地[編集]

  • 京阪東ローズタウン・あゆみヶ丘 Be-fa(ビーファ) - 京都府八幡市欽明台西
  • 東豊中プレミアム - 豊中市, 新街区「viola」はMID都市開発×阪神電気鉄道と3社共同
  • ブランズガーデン三田ウッディタウン - 三田市、2009年、共同事業
  • ローズプレイス京阪宇治~源氏の郷~
  • 同志社山手エルフィンガーデン - 京田辺市、2008年
  • ローズヴィレッジくずは - 枚方市楠葉、くずはⅠは2004年、
  • 交野・郡津駅前さくら通り-大阪府交野市、2006年
  • びわ湖ローズタウンのぞみ住区 - 滋賀県大津市
  • 京阪東御蔵山 - 京都府宇治市平尾台

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]