京都府立田辺高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京都府立田辺高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 京都府の旗 京都府
学区 山城通学圏
設立年月日 1963年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科

普通科
自動車科
工学探究科

機械技術科


電気技術科
高校コード 26116F
所在地 610-0361
京都府京田辺市河原神谷24
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
京都府立田辺高等学校の位置(京都府内)
京都府立田辺高等学校

京都府立田辺高等学校(きょうとふりつ たなべこうとうがっこう)は、京都府京田辺市河原神谷にある公立高等学校

概要[編集]

1963年開校。府下で唯一の自動車科を設置し、卒業時に三級自動車整備士の受験資格が取得できる[1]。求人数は府立高校トップクラスを誇り、2006年までの就職希望者の内定率は毎年ほぼ100%に達している[1]

1976年度までは工業科のみであったが、当時でも「京都府立田辺高等学校」が正式名であり、特に「工業高校」とは称していなかった。

設置学科[編集]

  • 普通科(アドバンストコース、スタンダードコース)
  • 自動車科
  • 工業技術科(技術探究コース、機械技術コース、電気技術コース)
    • 2015年度より工学探究科・機械技術科・電気技術科とコースを学科に変更

沿革[編集]

  • 1962年3月8日 - 府議会において設置議決
  • 1962年6月15日 - 開設準備室を京都府教育庁に設置
  • 1962年7月31日 - 第I期工事起工式を挙行
  • 1963年1月18日 - 京都府立田辺高等学校設置(昭和38年京都府教育委員会告示第1号)
  • 1963年3月25日 - 第I期工事(第1棟、第2棟その他)竣工
  • 1963年4月1日 - 開校(機械工学科、自動車工学科、電気工学科、電子工学科)
  • 1963年10月31日 - 第2期工事竣工(機械工場その他)
  • 1964年3月30日 - 第3期工事(電気棟、機械工場その他)竣工
  • 1965年2月28日 - 第4期工事(第1体育館、鋳鍛造その他)竣工
  • 1965年5月20日 - 完工式挙行
  • 1970年10月2日 - 食堂完成
  • 1977年4月 - 普通科発足
  • 1978年3月25日 - 普通科設置に伴う第1期工事(工芸、地学、社会、視聴覚及び普通教室)竣工
  • 1979年3月20日 - 普通科設置に伴う第2期工事(調理、被服、家経、作法、生物、LL及び普通教室)竣工
  • 1981年3月25日 - 第2体育館(格技場)竣工
  • 1983年4月 - 通学圏分割に伴い、山城通学圏から山城南通学圏へ移行
  • 1985年 - 全日制普通科に第I類・第II類を設置
  • 1986年3月19日 - 第6棟(美術教室及び普通教室)竣工
  • 1989年5月15日 - 第3体育館完成
  • 2004年4月 - 通学圏統合に伴い、山城南通学圏から山城通学圏へ移行
  • 2007年4月 - 学科改編

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 京田辺大百科編集委員会『京田辺大百科 生活情報篇』2006年8月1日、62頁

参考文献[編集]

  • 京都府立田辺高等学校「府立田辺高等学校 創立30周年記念誌」1993年1月18日
  • 田辺町史編さん委員会「田辺町史」759-760頁、1968年12月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]