京都府立林業大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都府立林業大学校
国公私立の別 公立学校
設置者 京都府
設立年月日 2012年4月9日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
学科 森林林業科、研修科
コース
  • 林業専攻
  • 森林公共人材専攻
  • 林業トレーニングコース
  • 経営高度化コース
  • 森林保全・鳥獣害対策コース
  • 森と木の文化コース
所在地 629-1121
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示


京都府立林業大学校(きょうとふりつりんぎょうだいがっこう、英語: Kyoto Prefectural College of Forestry)は、京都府京丹波町に本部を置く教育訓練機関である。2012年に西日本初の林業大学校として設置された。

森林林業科は林業専攻と森林公共人材専攻の2つのコースがあり、2年制で伐採法などの林業の技術や森林保全活動などが学べる。開校後に全国で同様の学校が増えたため、2016年度から2018年度は定員割れとなった[1]

特徴に、チェーンソーなどを製造するスチール英語版社の協力による専門技術スタッフの派遣やドイツでの研修などが挙げられる[2]。実習林、校舎、学生の宿舎は地元の京丹波町から提供・貸与を受けている[3]

教育体系[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “西日本初の林業大学校、入学者が過去最少 京都、定員の6割”. 京都新聞. (2018年5月26日). http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20180526000062 
  2. ^ 京都府立林業大学校の教育活動への協力”. 株式会社スチール. 2018年5月26日閲覧。
  3. ^ a b 平成29年度行政視察報告”. 日向市議会 産業建設水道常任委員会. 2018年5月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]