京都市西京極総合運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 近畿地方 > 京都府 > 京都市 > 右京区 > 京都市西京極総合運動公園
京都市西京極総合運動公園
芝生広場からの西京極総合運動公園の全景
所在地
京都府京都市右京区西京極新明町29
座標 北緯34度59分35.3秒 東経135度42分53.6秒 / 北緯34.993139度 東経135.714889度 / 34.993139; 135.714889座標: 北緯34度59分35.3秒 東経135度42分53.6秒 / 北緯34.993139度 東経135.714889度 / 34.993139; 135.714889
面積 180,857平方メートル
開園 1930年
設備・遊具 陸上競技場兼球技場
補助競技場
野球場
プール兼アイススケートリンク
体育館他
アクセス #アクセスを参照。
事務所所在地 京都市右京区西京極新明町29

京都市西京極総合運動公園(きょうとし にしきょうごく そうごううんどうこうえん)は、京都府京都市右京区にある広域運動公園である。

概要[編集]

総面積19.1haの園内には、陸上競技場兼球技場補助競技場野球場プール兼アイススケートリンク体育館(ハンナリーズアリーナ)、アーチェリー場、芝生公園「緑の丘」などが設けられている。阪急京都本線の線路を挟んで2つのゾーンに分かれており、北側に陸上競技場兼球技場、補助競技場、野球場、体育館、南側にプール兼アイススケートリンク、アーチェリー場、芝生公園がそれぞれ位置している。

歴史[編集]

1930年、東宮(昭和天皇)成婚奉祝記念に京都市運動場として建設された。 1945年、進駐軍に接収、1951年、接収解除。 1988年第43回国民体育大会(京都国体)開催を機に、1982年から全面改修を進め、1989年に再整備を完了した。 1995年に、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟に合わせ、陸上競技場兼球技場のスタンドを改修した後、サンガのホームスタジアムとして活用されている。 プール施設1982年の全面改修時に撤去したが、1999年に建設工事に着手、2002年6月に整備を完了。

施設概要[編集]

陸上競技場兼球技場[編集]

陸上競技場兼球技場
  • 日本陸上競技連盟第一種公認
  • トラック 1周400m×9コース、全天候舗装
  • フィールド 106m×71m
  • スタンド 20,588人
  • 照明 ナイター照明塔6基

補助競技場[編集]

  • 日本陸上競技連盟第三種公認
  • トラック 1周400m×8コース
  • スタンド 200人

野球場[編集]

  • 両翼 100m、中堅:117m
  • スタンド 内野(スタンド)13,300人、外野(芝生)6,700人
  • 照明 ナイター照明設備6基

プール兼アイススケートリンク[編集]

  • 夏期は水泳場、冬期はスケート場
  • メインプール(50m×25m、10コース、可動床、観客席約2,200席)
  • 飛び込みプール(25m×22m,水深5m)
(メインプール、飛び込みプールは冬期の間スケート場になる)

体育館[編集]

  • フロア 2,400m2 (観客数 2,926人)

アーチェリー場[編集]

芝生広場「緑の丘」[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

外部リンク[編集]