京都市中央卸売市場第一市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
七条通より水産事務所棟(2007年)

京都市中央卸売市場第一市場(きょうとしちゅうおうおろしうりしじょうだいいちしじょう)は、京都府京都市下京区朱雀分木町にある日本で最初に開設された中央卸売市場。敷地面積は147,192m2(14.7ha)である。愛称は京朱雀市場。

歴史[編集]

京都市中央卸売市場は中央卸売市場法1923年大正12年)に公布されたのを受け、1925年(大正14年)6月2日に開設許可を得て、全国に先駆け1927年(昭和2年)12月11日に日本で最初の中央市場として開設された。

戦時中には統制のため仲買制度は一度廃止されたが、終戦後に復活し昭和30年代の中央卸売市場法の改正や1971年(昭和46年)の卸売市場法を経て現在に至っている。

2012年(平成24年)に京都水族館が梅小路に開設されたのに合わせ、すし市場を開設した。

2014年、京都市中央卸売市場第一市場施設整備構想が策定され、施設のコンパクト化、高層化を進めることが決まった。2015年から京都市中央市場施設整備基本計画により、老朽化の進む青果棟を始めとした施設の建替・改修の計画が進められている[1]

現在建替工事のため写真の建物は解体された。

現在鮮魚は旧塩干店舗にて営業。

取扱商品[編集]

この市場は鮮魚塩干青果などを中心に食料品全般を扱う総合食品卸売市場となっており、アマダイぐじ)、ハモ京野菜など小売業者や料亭の求めに応じ多種多様な食材を卸している。

せり[編集]

水産品のせりは午前5時20分から、農産品のせりは午前6時からと午前9時45分から、うち近郷野菜に限って午前11時から行われる。

賑わいゾーン[編集]

ホテル エミオン京都
Hotel EMION 2020.jpg
情報
用途 ホテル・店舗
施工 スターツCAM
事業主体 スターツコーポレーション
構造形式 鉄⾻造(⼀部RC造)
敷地面積 4,000 m² [2]
延床面積 18,000 m²
階数 地上8階
開館開所 2020年7月23日
座標 北緯34度59分22.29秒 東経135度44分32.28秒 / 北緯34.9895250度 東経135.7423000度 / 34.9895250; 135.7423000 (ホテル エミオン京都)座標: 北緯34度59分22.29秒 東経135度44分32.28秒 / 北緯34.9895250度 東経135.7423000度 / 34.9895250; 135.7423000 (ホテル エミオン京都)
テンプレートを表示

施設再整備により解体された水産事務所棟の跡地などは、2015年に京都市の策定した京都駅西部エリア活性化将来構想に基づき、賑わいゾーンとして活用されている。

賑わいゾーンの活用は60年の定期借地とするPPP方式が用いられ、事業者にはスターツコーポレーションが公募により選定された。2020年、1階と2階を食と職をテーマとした店舗、3階から8階をホテルエミオン京都(206室)とする複合施設が開業した。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都・梅小路に新駅、七条通の風景も変わる”. 新・公民連携最前線. 日経BP (2016年8月9日). 2020年7月23日閲覧。
  2. ^ 京都市中央卸売市場第⼀市場「賑わいゾーン」活⽤事業”. スターツコーポレーション. 2020年7月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]