京都市下京区の町名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下京区の位置

本項京都市下京区の町名(きょうとししもぎょうくのちょうめい)では、区内に存在する公称町名を一覧化するとともに、その成立時期・成立過程等について概説する。

区の概要[編集]

京都市街地の南寄りに位置し、東は東山区、西は右京区、南は南区、北は中京区に接する。面積6.82平方キロメートル。2009年3月現在の推計人口は約76,000人。

京都市制以前の明治12年(1879年)、京都府に「上京区」と「下京区」が設置された。明治21年(1888年)には愛宕郡(おたぎぐん)の一部の村を編入。明治22年(1889年)、京都市制施行とともに京都市下京区となる。明治35年(1902年)、大正7年(1918年)、昭和6年(1931年)には葛野郡(かどのぐん)、紀伊郡(きいぐん)の各一部の村を編入した。この間、昭和4年(1929年)、区の北部と東部の一部地域が分離され、新設の中京区・東山区に編入された。昭和30年(1955年)に南区を分区して以来、現在の境域となる。明治以降編入された愛宕郡・葛野郡・紀伊郡の旧村の区域は、現在は大部分が中京区・東山区・南区に属している。

区の東側には鴨川が流れて区境をなし、区の南端にはJR東海道本線JR京都線琵琶湖線)および東海道新幹線が走り区境をなしており、京都駅は当区に位置する。区内にはほかに京都タワー東本願寺西本願寺京都鉄道博物館梅小路蒸気機関車館)などの観光地がある。

通り名を用いた住所表示[編集]

日本における住所表示は、建物の面している道路名ではなく、建物が所在する町や(あざ)の名をもって表記されるのが普通であるが、京都の市街地においては例外的に「通り名」を用いた住所表示が行われている。この方式では、まず、家屋、ビルなどが直接面している通りの名を先に言い、その後に直近で交差する通りの名を付記し、「上ル(上る)」(あがる)、「下ル(下る)」(さがる))[1]、「東入」(ひがしいる)、「西入」(にしいる)等と表記する。

  • A通B西入 - 建物はA通(東西方向の道)に面しており、B通(南北方向の道)との交差点から西に入った地点にある。
  • C通D上る - 建物はC通(南北方向の道)に面しており、D通(東西方向の道)との交差点から北に入った地点にある。

通常は上記のような通り名のみで住所を表示するが、「A通B西入」等の後に町名・番地を併記する場合もある。たとえば、下京区役所の所在地は「下京区西洞院通塩小路上る東塩小路町608番地8」と表示する。 郵便番号の7桁化により、通り名を省略しても、郵便物は届く。

町名の概要[編集]

町数など[編集]

京都市内の町名には「大原来迎院町」のように旧村名、旧大字名に由来する地名(上記例の場合は「大原」)を冠称するものと、「亀屋町」「菊屋町」のような単独町名とがあるが、下京区においては区の東部の町名はすべて単独町名であり、西部は「中堂寺」・「西七条」などの旧村名を冠した町名となっている。

区内の公称町名の数は、『角川日本地名大辞典 26 京都府』下巻によれば511町(1980年現在)である。この町数は2009年現在も変化していない。なお、「大宮一・二・三丁目」・「天使突抜一・二・三・四丁目」・「突抜一・二丁目」の「丁目」を各1町と数えた場合は6町増えて517町となる。

京都市においては「住居表示に関する法律」に基づく住居表示は実施されておらず、市内の公称町名については、「京都市区の所管区域条例」(昭和24年4月1日京都市条例第7号)が根拠となっている。「所管区域条例」に列挙される下京区の町名は『角川日本地名大辞典』のそれとおおむね一致するが、細部には違いがある(「備考」の項を参照)。

沿革[編集]

近世には、二条通り以北を上京、以南を下京と称し、上京には「上京十二組」・「禁裏六丁組」、下京には「下京八組」という町組(ちょうぐみ)が組織されていた。町組は近隣の町の連合体、自治組織であり、その起源は判然としないが、室町時代には存在が確認される。

明治元年(1868年)、京都府の成立とともに、下京の町組は1 - 41番組に編成されるが、翌明治2年(1869年)には町組改正で下京1 - 32番組に再編成された。明治5年(1872年)には下京1 - 32番組が下京1 - 32区と改められ、32に区分される点は変わらないが、旧下京24番組が下京7区と15区に二分され、旧下京22番組と32番組が統合されて下京16区になっている。明治12年(1879年)、京都府に上京区・下京区が設置されると、従来の「区」は、番号はそのままで「組」と改称、下京1 - 32組となる。

明治22年(1889年)、京都市制とともに、上京区・下京区は京都市の区となる。なお、近世と違い、二条通りではなく三条通りが上京・下京の境となっている。この間、明治21年には同年下京区に編入された旧愛宕郡の村域に下京33組が設定された。

明治25年(1892年)には「組」を「学区」に改組。旧下京1 - 32組は、下京第1 - 32学区に編成された。このうち、第9 - 14、16 - 19、23 - 26、29、30学区の全部と第32学区の一部が現在の下京区に属し、第32学区の南部は南区、残余の学区は中京区・東山区に属する。

昭和4年(1929年)、下京区の一部区域は新設の中京区・東山区の各一部となった。また、学区名に小学校名を付して「郁文学区」・「格致学区」のように称するようになる。昭和16年(1941年)の国民学校令の発布とともに学区制は廃止された。したがって、これらの学区は現在では正式の行政区域ではないが、「元学区」という形で、地域の通称としては現在も使われている。なお、学校の統廃合等により、元学区と現在の通学区とは一致していない。

下の表は、上述の変遷をまとめたものである。

下京区の元学区の変遷
明治2年 明治5年 明治12年 明治25年 昭和4年
下京7番組 下京9区 下京9組 下京第9学区 郁文学区
下京8番組 下京10 区 下京10組 下京第10学区 格致学区
下京9番組 下京11区 下京11組 下京第11学区 成徳学区
下京10番組 下京12区 下京12組 下京第12学区 豊園学区
下京11番組 下京13区 下京13組 下京第13学区 開智学区
下京12番組 下京14区 下京14組 下京第14学区 永松学区
下京22・32番組 下京16区 下京16組 下京第16学区 淳風学区
下京13番組 下京17区 下京17組 下京第17学区 醒泉学区
下京14番組 下京18区 下京18組 下京第18学区 修徳学区
下京15番組 下京19区 下京19組 下京第19学区 有隣学区
下京19番組 下京23区 下京23組 下京第23学区 植柳学区
下京16番組 下京24区 下京24組 下京第24学区 尚徳学区
下京17番組 下京25区 下京25組 下京第25学区 稚松学区
下京18番組 下京26区 下京26組 下京第26学区 菊浜学区
下京21番組 下京29区 下京29組 下京第29学区 安寧学区
下京20番組 下京30区 下京30組 下京第30学区 皆山学区
下京23番組 下京32区 下京32組 下京第32学区 梅逕学区

区内東部の単独町名は、おおむね近世以来の町界・町名を現代に引き継いでいる。ただし、明治時代の初期に数か町が合併して新たに命名された町、寺院境内地など、従来町名のなかった土地に新たに起立した町名なども一部に存在する。

明治12年(1879年)、下京区設置の際、葛野郡八条村・西九条村・東塩小路村の各一部が区に編入された。この時新設された町は次のとおりである。

  • 八条村より編入 - 薬園町・八条町・東寺町(八条町・東寺町は現在南区)
  • 西九条村より編入 - 松明町、南油小路町(現・東・西油小路町)
  • 東塩小路村より編入 - 東塩小路町

京都駅西側の地区には昭和41年(1966年)の町名変更で新設された町名が4つある(北・南不動堂町と東・西油小路町)。

前述のとおり、明治35年(1902年)、大正7年(1918年)、昭和6年(1931年)には周辺の村を区に編入しているが、これらのうち葛野郡大内村・七条村の区域はそれぞれ大部分が現在の下京区に属している。

公称町名一覧[編集]

単独町名[編集]

  • 明治12年(1879年)の下京区成立時に同区に含まれていた地域の現行町名を掲げる。
  • 五十音順の町名一覧は、外部リンクの郵便番号一覧表を参照。
元学区 公称町名 町数
郁文 四条大宮町、坊門町、綾大宮町、五坊大宮町、杉蛭子町、西田町、高辻大宮町、今大黒町、塩屋町、佐竹町、唐津屋町、立中町、下リ松町、松本町、妙満寺町、雁金町、瀬戸屋町、丸屋町、徳屋町、晒屋町、槌屋町、高辻猪熊町、吉文字町、十文字町、富永町、北門前町、来迎堂 27
格致 柏屋町、石井筒町、藤本寄町、傘鉾町、妙伝寺町、高野堂町、西綾小路東半町、西綾小路西半町、芦刈山町、西高辻町、住吉町、五軒町、喜吉町、荒神町、要法寺町、麓町、本柳水町、木賊山町、永養寺町、舟屋町、高辻西洞院町、風早町、太子山町、綾西洞院町、四条堀川町、綾堀川町、吉水町、高辻堀川町 28
成徳 郭巨山町、月鉾町、函谷鉾町、矢田町、新釜座町、四条町、鶏鉾町、水銀屋町、童侍者町、二帖半敷町、善長寺町、船鉾町、岩戸山町、白楽天町、山王町、糸屋町、釘隠町、菅大臣町、大政所町、薬師前町、小島町、高辻町、繁昌町、骨屋町、堀之内町、御影町、菊屋町 27
豊園 相之町、永原町、万里小路町、吉文字町、小石町、夕顔町、高材木町、竹屋町、新開町、葛篭屋町、稲荷町、元悪王子町、扇酒屋町、高橋町、燈篭町、因幡堂町、立売中之町、立売西町、長刀鉾町、綾材木町、神明町、竹屋之町、東前町、西前町、仏光寺西町、上柳町、泉正寺町、三軒町、匂天神町 29
開智 貞安前ノ町、中之町、恵美須之町、京極町、大壽町、丸屋町、橘町、桝屋町、八文字町、俵屋町、鍋屋町、鍵屋町、徳正寺町、塗師屋町、筋屋町、恵美須屋町、奈良物町、立売東町、足袋屋町、塩屋町、大黒町、仏光寺東町、茶磨屋町、雁金町 24
永松 斎藤町、天王町、和泉屋町、美濃屋町、材木町、下材木町、船頭町、市之町、天満町、難波町、順風町、稲荷町、富永町、清水町、幸竹町、橋本町、真町、御旅町、御旅宮本町、松川町 20
淳風 上五条町、西門前町、下五条町、南門前町、堀之上町、大宮一丁目、中堂寺前町、上長福寺町、下長福寺町、薮之内町、丹波街道町、突抜壱丁目、大宮二丁目、突抜弐丁目、裏片町、薬園町、上之町、下之町、中之町、中堂寺町、太夫町、揚屋町 20[2]
醒泉 天神前町、橘町、篠屋町、橋橘町、小泉町、泉水町、佐女牛井町、卜味金仏町、上金仏町、中金仏町、樋口町、天使突抜一丁目、天使突抜二丁目、金東横町、平屋町、天使突抜三丁目、天使突抜四丁目、金屋町、小柳町、八幡町、永倉町、柿本町 19[3]
修徳 薮下町、富永町、中野之町、亀屋町、布屋町、月見町、材木町、小田原町、徳万町、元両替町、坂東屋町、長刀切町、玉津島町、弁財天町、御供石町、高砂町、五條烏丸町、悪王子町、大堀町、吉水町、俊成町、玉屋町、大江町、深草町 24
有隣 植松町、西橋詰町、須浜町、安土町、上鱗形町、下鱗形町、本上神明町、石不動之町、本覚寺前町、堅田町、松原中之町、忠庵町、柏屋町、鍛冶屋町、俵屋町、樋之下町、福田寺町、亀屋町、朝妻町、杉屋町、本燈篭町、官社殿町、万壽寺中之町、塩竃町、御影堂前町、万壽寺町、本神明町 27
植柳 仏具屋町、紅葉町、植松町、柳町、山川町、学林町、西若松町、元日町、住吉町、花屋町、堺町、珠数屋町、門前町、菱屋町、花園町、高雄町、北小路町、丸屋町、西洞院町、蛭子水町、東側町、西側町、艮町、四本松町、若宮町、東若松町、西松屋町、米屋町、東松屋町、玉本町、文覚町、福本町、鍛冶屋町、鍵屋町、平野町、辰巳町、井筒町、竹屋町、夷之町 39
尚徳 下万壽寺町、福島町、和泉町、上平野町、下平野町、大坂町、上諏訪町、下諏訪町、大黒町、堺町、蛭子町、毘沙門町、上錫屋町、上若宮町、松屋町、醍醐町、東錺屋町、西錺屋町、横諏訪町、上柳町、八百屋町、銭屋町、鍵屋町 23
稚松 本塩竃町、大工町、若宮町、唐物町、八軒町、栄町、堺町、富屋町、升屋町、骨屋町、塗師屋町、大津町、夷之町、天神町、橋詰町、富田町、若松町、上珠数屋町、花屋町、仏具屋町、高槻町、北町、上柳町、東魚屋町、西魚屋町、八百屋町、乾町、下柳町、烏丸二丁目 29
菊浜 菊屋町、平岡町、八ツ柳町、波止土濃町、上二之宮町、富松町、上三之宮町、下三之宮町、高宮町、岩滝町、十禅師町、都市町、聖真子町、富浜町、若宮町、南橋詰町、平居町、南京極町、梅湊町、八王子町、新日吉町、御影堂町、鍵屋町、山王町、早尾町、稲荷町、大宮町、下二之宮町 28
安寧 大宮三丁目、御器屋町、花畑町、大工町、八百屋町、西八百屋町、徹宝町、上之町、川端町、南八百屋町、下魚棚四丁目、樽屋町、木津屋町、大黒町、東町、北不動堂町、南不動堂町、土橋町、鎌屋町、油小路町、東大工町、南町 21[4]
皆山 中居町、東境町、西境町、塩小路町、新シ町、東塩小路町、溜池町、紺屋町、納屋町、万屋町、住吉町、塩屋町、材木町、榎木町、西玉水町、東玉水町、打越町、筒金町、常葉町、亀町、廿人講町、卓屋町、橘町、笹屋町、飴屋町、堀詰町、皆山町、真苧屋町、粉川町、桜木町、東油小路町、西油小路町、御方紺屋町、松明町 34
梅逕 清水町、志水町、伊勢松町、松本町、三軒替地町、金換町、上夷町、南夷町、上糀屋町、下糀屋町、上中之町、垣ケ内町、坊門中之町、古御旅町(東海道線鉄道用地以北のみ)、八条坊門町(塩小路通黒門西入ル) 15

旧七条村[編集]

元大字 公称町名 町数
西七条 西七条北東野町、西七条南東野町、西七条中野町、西七条南中野町、西七条東久保町、西七条西久保町、西七条石井町、西七条北西野町、西七条南西野町、西七条北衣田町、西七条南衣田町、西七条北月読町、西七条南月読町、西七条東御前田町、西七条御領町、西七条東八反田町、西七条西八反田町、西七条東石ケ坪町、西七条西石ケ坪町、西七条市部町、西七条御前田町、西七条赤社町、西七条比輪田町、西七条掛越町、西七条名倉町、西七条八幡町 26
御所ノ内 七条御所ノ内北町、七条御所ノ内中町、七条御所ノ内南町、七条御所ノ内西町、七条御所ノ内本町 5
梅小路 梅小路石橋町、梅小路本町、梅小路東町、梅小路東中町、梅小路西中町、梅小路高畑町、梅小路頭町 7

下京区の西部は、明治22年(1889年)の市制町村制施行時には葛野郡七条村・大内村であった。七条村は大正7年(1918年)、当時の下京区に編入された。村内には西七条・西塩小路・御所ノ内・梅小路・唐橋の5つの大字があったが、これらは計31の町に編成された。唐橋地区は、昭和30年に新設の南区に編入された。

もとの七条村西七条は、大正7年下京区に編入され、「西七条」を冠称する12町に編成された。その後、以下のような変遷を経て、26町となっている。

  • 昭和14年(1939年)赤社町、東御前田町成立。
  • 昭和35年(1960年)東・西八反田町、東・西石ヶ坪町、北・南東野町、南中野町、北・南西野町、掛越町、八幡町、北・南衣田町、北・南月読町、東・西久保町成立。八反田町、石ヶ坪町、東野町、西野町、衣田町、月読町廃止。
  • 同年、西塩小路石井町を西七条石井町に改称。

もとの七条村御所ノ内は、大正7年下京区に編入され、「七条御所ノ内」を冠称する3町に編成された。その後、昭和35年に北町・中町・南町が成立、東町が廃止され、5町となっている。

もとの七条村梅小路は、大正7年下京区に編入され、「梅小路」を冠する4町に編成された。その後、昭和35年に下記の変更が実施され、7町となっている。

  • 昭和35年成立 - 本町・東町・東中町・西中町
  • 同年廃止 - 中町・日影町
  • 同年改称 - 唐橋高畑町→梅小路高畑町

なお、七条村西塩小路は大正7年下京区に編入され、西塩小路石井町・久保町の2町となったが、昭和35年に西塩小路石井町は西七条石井町に改称(既述)、西塩小路久保町は同年廃止された(「久保」の地名は西七条東・西久保町に継承)。

旧大内村[編集]

元大字 公称町名 町数
中堂寺 中堂寺西寺町、中堂寺命婦町、中堂寺櫛笥町、中堂寺壬生川町、中堂寺坊城町、中堂寺籔ノ内町、中堂寺前田町、中堂寺鍵田町、中堂寺北町、中堂寺南町、中堂寺庄ノ内町、中堂寺粟田町 12
朱雀 朱雀正会町、朱雀分木町、朱雀宝蔵町、朱雀内畑町、朱雀北ノ口町、朱雀裏畑町、朱雀堂ノ口町 7
八条 八条坊門町(東海道線鉄道用地以北のみ)、二人司町、西酢屋町、諏訪開町、夷馬場町、和気町、観喜寺町、小坂町 8
東塩小路 東塩小路向畑町、東塩小路高倉町、東塩小路釜殿町 3

葛野郡大内村には中堂寺・朱雀・八条・東塩小路・西九条の5つの大字があったが、このうち東塩小路は明治35年(1902年)、残り4つの大字は大正7年(1918年)、下京区に編入され、5つの大字は57の町に編成された。西九条地区は、昭和30年に大部分が新設の南区に編入された。

もとの大内村中堂寺は、大正7年下京区に編入され、「中堂寺」を冠する12町に編成された。

もとの大内村朱雀は、大正7年下京区に編入され、「朱雀」を冠する7町に編成された。

もとの大内村八条は、大正7年下京区に編入され、「八条」を冠する12町に編成された。源町・寺内町・内田町・四ツ塚町の4町は、昭和30年に新設の南区に編入された。また、二人司町・西酢屋町・諏訪開町・夷馬場町・和気町・観喜寺町・小坂町の7町は昭和36年以降「八条」の冠を廃止しており、下京区において「八条」を冠する町名は八条坊門町のみとなっている。

もとの大内村東塩小路は、明治35年(1902年)下京区に編入され、大字東塩小路となった。その後大正7年(1918年)「東塩小路」を冠する3町に編成された。なお、京都タワーの所在地である東塩小路町は、市制町村制施行以前の明治12年(1879年)、当時の塩小路村の一部が下京区に編入された際に成立したものである。現在、JR京都駅の住所は東塩小路高倉町、近鉄京都駅の住所は東塩小路釜殿町となっている。

その他の町名[編集]

公称町名 町数
郷之町、上之町、川端町、小稲荷町、下之町、東之町、西之町、屋形町、西九条北ノ内町(東海道線鉄道用地以北のみ) 9

郷之町から屋形町までの8町は、もとは紀伊郡柳原町(大字なし)で、大正7年に下京区に編入された。柳原町が下京区に編入された際、「東七条」を冠称する8町と「柳原」を冠称する2町の計10町が設定されたが、後者は現在、東山区に属している。「東七条」を冠していた8町は昭和40年(1965年)に冠を廃止して単独町名となっている。

西九条北ノ内町は、もとは大内村西九条の一部である。西九条地区は大正7年下京区に編入され、昭和30年に大部分が新設の南区に編入されたが、西九条北ノ内町の一部のみ下京区に残存している。ただし、下京区西九条北ノ内町は全域が線路敷地である。

特色ある町名[編集]

区内の同一町名[編集]

下京区では、同一の町名が区内の別の場所に複数存在する例が下記の37組ある。たとえば、「稲荷町」という町は、繁華街の四条河原町交差点近く(河原町通四条下る)にあるほか、そこから数百メートル南方、七条大橋の近く「七条通木屋町東入る」にも同じ名の町がある。これらはいわゆる飛地ではなく、起源を異にする別個の町である。この2つの「稲荷町」には別個の郵便番号が設定されている(他の同一町名についても同様)。

下京区内に同一町名が複数存在するもの
稲荷町(3か所)、植松町、夷之町、鍵屋町(4か所)、鍛冶屋町、柏屋町、上之町(3か所)、上柳町(3か所)、亀屋町、雁金町、川端町、菊屋町、吉文字町、材木町(3か所)、堺町(3か所)、山王町、塩屋町(3か所)、清水町、下之町、住吉町(3か所)、大工町、大黒町(3か所)、竹屋町、橘町(3か所)、俵屋町、富永町(3か所)、中之町、塗師屋町、八条坊門町、花屋町、仏具屋町、骨屋町、松本町、丸屋町(3か所)、八百屋町(3か所)、吉水町、若宮町(3か所)(注記のないものは2か所)

ただし、島原地区にある「上之町」「中之町」「下之町」「中堂寺町」「太夫町」「揚屋町」は、それぞれ「西新屋敷」を冠して「西新屋敷上之町」などと呼ばれることが多く、郵便番号一覧表でも「西新屋敷」を冠した町名が掲載されている。

明治以降廃止された旧町名[編集]

(この項未執筆)

備考[編集]

  • 梅小路中町 - この町名は、京都市の各区に属する公称町名を列挙した「京都市区の所管区域条例」(昭和24年4月1日京都市条例第7号)に収録されているが、『角川日本地名大辞典 26 京都府』では昭和35年(1960年)に廃止された旧町名とされている。「梅小路中町」は、下京区における各種選挙の投票区を定めた告示(昭和54年8月30日下京区選管告示第7号)にもみえない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在、公的な書類ではひらがなの送り仮名しか認められていないが、伝統的にはカタカナで「上ル・下ル」と表記するのが通例であり、現在でも広く用いられている。
  2. ^ 「大宮」「突抜」を各1町と数える。
  3. ^ 「天使突抜」を1町と数える。
  4. ^ 淳風学区と重複している「大宮」は除外する。

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 26 京都府』、角川書店、1982
  • 『日本歴史地名大系 27巻 京都市の地名』、平凡社、1979
  • 水谷憲司『京都 もう一つの町名史』、永田書房、1995

関連項目[編集]

外部リンク[編集]