京都大学ウイルス・再生医科学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都大学ウイルス・再生医科学研究所
正式名称 京都大学ウイルス・再生医科学研究所
英語名称 Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University
組織形態 大学附置研究所
共同利用・共同研究拠点
所在地 日本の旗 日本
606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町53
北緯35度1分8.4秒 東経135度46分23.6秒 / 北緯35.019000度 東経135.773222度 / 35.019000; 135.773222座標: 北緯35度1分8.4秒 東経135度46分23.6秒 / 北緯35.019000度 東経135.773222度 / 35.019000; 135.773222
所長 開祐司
設立年月日 2016年10月1日
前身 ウイルス研究所
胸部疾患研究所
生体医療工学研究センター
再生医科学研究所
上位組織 京都大学
特記事項 2007年 - 山中伸弥のチーム、ヒトiPS細胞の作成に世界で初めて成功
ウェブサイト 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所
テンプレートを表示

京都大学ウイルス・再生医科学研究所(きょうとだいがくういるす・さいせいいかがくけんきゅうじょ、: Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University)は、2016年10月1日に京都大学ウイルス研究所と京都大学再生医科学研究所が統合してできた、京都大学の附置研究所の一つである。その名称が示す通り、ウイルス感染症研究と再生医療の技術確立のための研究を行っている。現在の所長は開祐司

なお、「再生医学研究所」という表記がよく見られるがこれは誤りであり、本記事名が正しい名称である。

沿革[編集]

ウイルス研究所
  • 1956年4月 - 病理・物理の2研究部門をもって発足。
結核研究所・結核胸部疾患研究所・胸部疾患研究所
  • 1941年3月 - 当時はまだ治療が難しい病気であった結核の予防および治療を目的として、京都大学に結核研究所を設置。
  • 1967年6月 - 結核胸部疾患研究所に改称。
  • 1988年4月 - 「胸部疾患に関する学理及びその応用の研究」を目的とした胸部疾患研究所へ改組。
生体医療工学研究センター
  • 1990年6月 - 人工臓器の研究・開発を目的として、京都大学に生体医療工学研究センターを設置。
再生医科学研究所

2007年には、再生医科学研究所教授・山中伸弥人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)に関する論文によって、世界的に有名となる。その功績が認められ、2010年に新たに設置された京都大学iPS細胞研究所とともに日本の再生医療研究の中心地となる予定である。

  • 2016年10月1日 - 京都大学ウイルス研究所と統合し、京都大学ウイルス・再生医科学研究所が発足。

組織[編集]

研究部門[編集]

  • ウイルス感染研究部門
  • 再生組織構築研究部門
  • 生命システム研究部門

附属施設[編集]

  • 附属感染症モデル研究センター
  • 附属再生実験動物施設

関連項目[編集]

外部リンク[編集]