京都北都信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都北都信用金庫
Kyoto Hokuto Shinkin Bank
KyotoHokutoShinkin.jpg
本店
種類 信用金庫
略称 ほくとしんきん
本店所在地 573-0032
京都府宮津市字鶴賀2054番地の1
設立 2002年11月5日
法人番号 4130005009417
金融機関コード 1620
代表者 理事長:森屋松吉
資本金 104億円(出資金)
純利益 27億円
純資産 292億円
総資産 7,812億円
従業員数 740人
決算期 3月末
外部リンク www.hokuto-shinkin.co.jp
特記事項:2014年3月末時点
テンプレートを表示
京都北都信用金庫のデータ
統一金融機関コード 1620
法人番号 4130005009417
店舗数 39店
(2014年3月31日現在)
貸出金残高 3,625億円
(2014年3月31日現在)
預金残高 7,398億円
(2014年3月31日現在)
テンプレートを表示

京都北都信用金庫(きょうとほくとしんようきんこ)は、京都府宮津市に本店を置く信用金庫。 全国の現存する信用金庫で3番目に古い歴史をもっている。

概要[編集]

舞鶴信用金庫本店。現在は舞鶴中央支店(舞鶴地区統括本部)となっている。

京都北都信用金庫という名称の信用金庫は、1996年(平成8年)に宮津市に本店をおく北京都信用金庫、峰山に本店をおいていた丹後中央信用金庫網野信用金庫(本店:網野町)および丹後の名産品で全国的に有名な丹後ちりめんの多くの業者が組合員になっている丹後織物信用組合という、舞鶴市を除く丹後地区の4つの信用金庫・信用組合が、吸収合併をするとともに、存続金庫である北京都信用金庫がその名称を変更したことにより誕生した。その当時の預金高は約2830億円であった。

2001年初めには舞鶴市に強力な地盤を有していた東舞鶴信用金庫(本店:舞鶴市/預金高1584億円)、舞鶴信用金庫(舞鶴市/1014億円)、丹波地方に地盤を有する福知山信用金庫(福知山市/2170億円)および綾部信用金庫(綾部市/910億円)と合併協議がもたれ、金融ビッグバンに備えて体力強化で意見が一致し、また自己資本比率や預金高で他庫を上回っていた京都北都信用金庫が本店と庫名を残すことで合意し、2002年(平成14年)11月5日に京都北都信用金庫を存続金庫として吸収合併し、新たな北都信金が誕生した。

沿革[編集]

営業範囲[編集]

京都北都信用金庫の営業エリア。緑色の地域が支店があり、灰色は支店なし。


支店営業地区[編集]

支店配置外営業区域[編集]

支店網[編集]

店舗・ATMのご案内を参照。

店舗の新設・統合[編集]

  • 2005年(平成17年)12月 - 舞鶴港支店(舞鶴市)を新設
  • 2012年(平成24年)3月 - 由良出張所(宮津市)を本店営業部に統合し廃止。
  • 2012年(平成24年)3月 - 野中出張所(京丹後市)を久美浜支店に統合し廃止。
  • 2013年(平成25年)2月 - イオン福知山出張所(福知山市)を篠尾支店に統合し廃止。
  • 2013年(平成25年)9月 - 栗田出張所(宮津市)を本店営業部に統合し廃止。
  • 2013年(平成25年)9月 - 堀支店(福知山市)を岡ノ町支店に統合し廃止。
  • 2013年(平成25年)9月 - 石原支店(福知山市)を前田支店に統合し廃止。

略称[編集]

京都北都信用金庫には現在、統一された略称は存在していない。しかし舞鶴を除く丹後地方では旧北京都信用金庫の略称が「きたしん」であったため、「きたしん」や「ほくとしんきん」いう略称が幅広く定着している一方、中丹地方を中心に「ほくしん」という略称も使用される事もある。公式ホームページ上や一般的な会話のなかでは「ほくと」と表記される場合が多い。

ATMについて[編集]

京都北都信用金庫のATMCD(他の金融機関との共同ATM・CDを除く)では、他の信用金庫のキャッシュカードでも、しんきんATMゼロネットサービスにより平日8時45分 - 18時00分の入出金、土曜9時00分 - 14時00分の出金に限り手数料が無料となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]