京急ステーションサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社京急ステーションサービス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
108-0074
東京都港区高輪2丁目20番20号
設立 2005年(平成17年)7月1日
業種 {{{業種}}}
法人番号 6010401058168
代表者 取締役社長 櫻井和秀
資本金 1億円
売上高 65億9,800万円(2014年3月期)
従業員数 838名(2015年3月現在)
主要株主 京浜急行電鉄 100%
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

株式会社京急ステーションサービス(けいきゅうステーションサービス)は、かつて京浜急行電鉄(京急)が出資していた現業子会社で、京急の業務のうち各駅の駅業務を受託し運営を行う企業であった。現・京急ステーションコマース(旧商号・京急ステーションサービス)とは別会社である。

概要[編集]

駅業務のうち、運転取扱を行う信号扱所の社員は分社化当時においても京急本体の直轄であったが、出改札業務、ホームでの安全確認、構内での案内業務については当社が担当していた。一部の駅では駅運転取扱責任者の資格を持った社員が信号操作を行っていた。社員については京急本体からの出向者も存在していた。分社化当時、京急本体では鉄道営業部門の社員採用を直接行っておらず、車掌等はすべて当社の社員として実績のある者から選抜して採用を行っており、乗務員登用試験合格後は京急本体へ転籍する形となっていた。

沿革[編集]

  • 2005年(平成17年)7月1日 - 設立。(旧)京急ステーションサービス→京急ステーションコマースから駅業務受託事業のみを承継。
  • 2017年(平成29年)10月16日 親会社である京浜急行電鉄へ吸収合併。

他の現業子会社[編集]

外部リンク[編集]