交野城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
交野城
大阪府
本丸と二の丸の間の堀切跡
本丸と二の丸の間の堀切跡
別名 私部城
城郭構造 連郭式平城
天守構造 不明(字天守と呼ばれる土地あり)
築城主 安見右近
築城年 永禄8年(1565年
主な改修者 安見右近
主な城主 安見氏
廃城年 天正9年(1581年
遺構 曲輪井戸
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯34度47分22.404秒
東経135度40分49.339秒

交野城(かたのじょう)は、河内国大阪府交野市私部6丁目)に築かれた日本の城平城)。別名私部城(きさべじょう)ともいう。

概要[編集]

交野城は交野市の北方にある、東西に延びる丘陵、免除川の南側に築城された。

室町時代永禄8年(1565年)頃、河内の実力者安見宗房の一族である安見右近によって築城された。 右近は築城当時、松永久秀に属しており、その際、足利義昭が、津田城に入城した際、主戦力であった右近が、久秀の指示により、交野(片野)に城を築いたとされている。

正確な廃城時期は不明。織田信長本能寺の変で没した後に廃城された可能性もある。

沿革[編集]

松永久秀画像

上記の概要の通り、築城をしたのは安見右近である。それより以前には城が存在していた可能性は低いであろうとの研究結果が出されており、築城以前の安見右近は、現在の交野市星田に居館を構えていたとの分析がなされている。

当時の交野は京都奈良摂津を繋げる交通の要衝であり、河内にとっても重要な個所であった。

右近は、三好家と敵対関係にあった安見宗房とは一線を画し、三好長慶死後の永禄8年(1565年)頃、三好氏重臣松永久秀の配下に入り、永禄11年(1568年)になり、久秀の命により交野城を築城した。交野城の周りには自然の要害となる2つの川(免除川、百々川)や、小高い丘、池等があり、城が選定される条件があらかじめ備わっていた。

後に、安見右近と松永久秀は、摂津進出、平定を目論んでいた織田信長の配下に就くが、その最中の元亀元年(1570年)に交野城は完成したようである。

織田信長画像

織田信長もまた、この交野城を重要な拠点と位置付けしていたとされている。 元亀元年(1570年)には三好三人衆を牽制する為、信長公記にあるように「片野の安見右近」は城を堅固にかためていた。しかしその翌年、松永久秀は信長を裏切った。そうとは知らない安見右近は久秀の策略にはまり、多聞城に呼ばれ、そこで自刃した。 自刃後すぐに、久秀、久通父子は交野城に向け出陣、交野城を攻めるが、これを持ちこたえる(多聞院日記)。

翌元亀3年(1572年)にも松永久秀は交野城を攻撃するが織田信長配下の柴田勝家佐久間信盛らが城の救援に駆けつけ、これを退けているが、天正元年(1573年)に筒井順慶によって攻め落とされている。

次に現れたのは、安見右近の息子の安見新七郎である。天正3年(1575年)、織田信長による河内平定後に取次者として招集される。その後、当主の座を認められたものと思われる。 天正6年(1578年)信長がに停泊していた鉄甲船を見物して京都に帰る途中の10月1日、「安見新七郎の居城で休息した」と「信長公記」にある。しかし、これが交野城を指しているのかどうかは確証を得ない。

信長が三好康長を降伏させて河内国を平定し、高屋城を廃城にしたのは天正3年(1575年)である。この時に同時に廃されたのであれば上記の新七郎の居城は異なる城ということになり、廃されていなければ上記の居城こそが交野城を指していると思われる。

交野市では国の史跡指定認可に向けて調査を実施している。

城郭[編集]

交野城の城郭部分/昭和54年度のカラー空中写真

現在城跡は1-3m高くなっている本丸、二の丸、三の丸と言われる曲輪と想善寺が出曲輪だったと思われる部分が確認できる。それ以外に昭和後期までに東側に1ヵ所、北側に3ヶ所の曲輪があったが、現在は宅地化され破壊されてしまったようである。

本丸

3つある主曲輪で、中央にある曲輪が本丸で東西約50m×南北約60mの方形で、北側の半分は1段高くなっており、段高は5mを有する。位置的に見て本丸であったのではないかと推定されている。

二の丸

本丸からみて西側に二の丸がある。ここは字「天守」と呼ばれており、東西約25m×南北約100mの長方形で、北側は幅10mの道路で分断されているが、当初は繋がっていたと考えられる。西側には土塁跡があったと思われ、東南部には交野城の井戸跡と考えられる野井戸があったようである。

三の丸

本丸からみて東側、10mの空堀が間をあけて三の丸がある。東西約30m×南北約60mであるが、南側が宅地化されており、当初の姿を判断するのは難しいと思われている。
交野郵便局の東側にある土塁跡
私部城址の石碑

またこれ以外にも想善寺の位置する地に堀がめぐらせられ、出丸、出曲輪の備えがあったと推察されている。

この主曲輪から北側には免除川が流れており、おそらく外堀の役割を果たしていたと思われ、交野城の北限と考えられている。主曲輪と免除川の間にはいくつかの曲輪があったと推定されているが、これらは屋敷跡ではないかと思われている。また南側には水堀跡の名残と思われる池が3ヶ所があったようであるが、今は埋め立てられている。第六次発掘調査によると、この本丸部分からこの池と呼ばれる北端まで約75mもあり城に付随する堀としては間隔が広い事から、二重の堀があるのではないかと推察され調査したが、堀状の落ち込みは認められず、今回の調査では二重の堀は発見できなかった。交野郵便局の道路を隔てた場所に土塁が数m現在も残っている。

発掘調査[編集]

交野市教育委員会では周辺の開発に伴い幾度かの発掘調査を実施している。

発掘調査 和暦 西暦 発掘調査目的 発掘物
第一次発掘調査 昭和40年 1965年 道路建設工事に伴う調査 焼けた礎石、布目瓦、土器片出土
第二次発掘調査 昭和44年 1969年 水道管、配水管敷設工事に伴う調査 弥生時代中期の石包丁、土器片出土
第三次発掘調査 昭和52年 1977年 大阪市水道建設工事に伴う調査
第四次発掘調査 昭和61年 1986年 交野郵便局の建て替え工事に伴う調査 遺構、遺物は発見されず
第五次発掘調査 平成2年 1990年 本丸の南接地を調査 遺構、遺物は発見されず
第六次発掘調査 平成7年 1995年 本丸の中央部分の調査 瓦、土師皿、銅銭、石器などが出土

この第二次発掘調査で弥生時代の遺物が発見されていることから、『交野市史』によるとこの周辺には弥生時代の環濠集落が指摘されており、交野城も複合遺跡の可能性がある。また『私部城跡』によると第六次発掘調査では数多くの遺物は発見されたが、具体的な時期を特定できるまでには至らなかったようである。第一次発掘調査、第三次発掘調査、第六次発掘調査で焼土層が確認されて具体的な時期は特定できていないが、なんらかの攻城の跡、出火などが考えられている。『私部城跡』では安見宗房の先祖にあたる、安見右近が15世紀後半から16世紀前半にかけて光通寺を破壊した時の関連も示唆している。

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 日本城郭大系』第12巻 大阪・兵庫、新人物往来社、1981年3月、99-101頁。
  • 交野市教育委員会『私部城跡-発掘調査概要報告書1-』交野市教育委員会、1995年3月、1-19頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]