亜鉛めっき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亜鉛めっき(あえんめっき)は、めっき工法の1種である。主に鉄の表面に施し、鉄より卑な亜鉛が優先的に腐食することで、鉄の腐食を抑制する。

種類[編集]

電気亜鉛めっき[編集]

めっき液に鉄を浸漬して、電気を介して亜鉛をめっきする処理法のこと。めっき液は以下の3種が主に用いられる。

一般に各浴種ともめっき後、以下の化成処理(6価クロムを使用した場合のみクロメート処理)を施す。

  • 光沢クロメート処理(1種)-いわゆるユニクロ
  • 有色クロメート処理(2種)
  • 黒色クロメート処理
  • グリーンクロメート処理
  • 耐蝕型3価クロム化成処理
  • 外観型3価クロム化成処理
  • 黒色3価クロム化成処理

溶融亜鉛めっき[編集]

高温で溶かした亜鉛に鋼材を浸し、鋼材の表面に皮膜をつくる処理法のこと。溶かした亜鉛を入れる槽に鋼材をつけるさまから「ドブづけめっき」や「てんぷらめっき」と呼ばれる事がある。

関連項目[編集]