井野口祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井野口 祐介
Yusuke Inoguchi
群馬ダイヤモンドペガサス 選手兼任打撃・トレーニングコーチ #91
井野口 April 20, 2014 (13947192245) (cropped).jpg
2014年4月20日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県桐生市
生年月日 (1985-03-14) 1985年3月14日(37歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 群馬ダイヤモンドペガサス (2019 - )

井野口 祐介(いのぐち ゆうすけ、1985年3月14日 - )は、群馬県桐生市出身の群馬ダイヤモンドペガサスに所属する日本プロ野球選手外野手)。ベースボール・チャレンジ・リーグの創設以来、10年以上にわたって1シーズンを除いてプレーを続けており、「独立リーグのレジェンド」とも評される[1]

来歴[編集]

桐生市立商高時代は、3年時の夏に第84回全国高等学校野球選手権大会に出場。その後、平成国際大学を経て、2007年富山サンダーバーズに入団。同年は、79打点を挙げ、最多打点のタイトルを獲得した。

2008年群馬ダイヤモンドペガサスに移籍。同年も47打点を挙げ、チームメイトの丹羽良太と共に最多打点のタイトルを獲得、ベストナインにも選出された。

2009年は、打率.343(リーグ3位)、8本塁打(リーグ3位)、40打点(リーグ2位)と3年連続のタイトル獲得は逃したものの、昨年に続きベストナインに選出され、後期MVPとシーズンMVPに選出された。

2010年、規定打席には到達しなかったものの、打率.359をマークした。

2011年12月7日、任意引退となり群馬を退団し、2012年からアメリカ独立リーグであるアメリカン・アソシエーションスーシティ・エクスプローラーズでプレイ、96試合に出場し、打率.287、4本塁打、40打点、8盗塁の成績を残した。渡米したきっかけは、2010年にアメリカのウィンターリーグに参加したことだった[2]。理由について「このレベルからは日本のプロ野球(NPB)に助っ人として行った外国人が何人も出ています。だから、ここで文句のない数字を残したらスカウトの見る目も変わるんじゃないかと。日本がダメでもメキシコとか、どこだって行きますよ」と述べていたという[3]

2013年3月15日フランシスコ・カラバイヨとともに群馬ダイヤモンドペガサスへの復帰が発表された。同年5月1日、再びスーシティ・エクスプローラーズへ入団した。

2014年2月25日、群馬ダイヤモンドペガサスへ2度目の復帰。

2016年3月29日アトランティックリーグニューブリテン・ビーズと契約したが、5月2日に群馬ダイヤモンドペガサスへ3度目の復帰を果たした。群馬復帰後は2年連続でベストナインに選出され[4][5]2017年にはリーグで9年ぶりの個人タイトルとなる首位打者を獲得している[6]。2017年の打率は2位のフランシスコ・ペゲロ富山GRNサンダーバーズ)をわずか1糸(0.00001)差で上回っての首位打者獲得であった[7]

2017年のオフにはニカラグアのプロチームにテスト生として加入したが、ロースターが埋まっており、公式戦出場の機会はない状態と報じられた[3]2018年も引き続き群馬に所属[8]。5月24日の対福島ホープス戦(牡丹台野球場)で1試合4連続本塁打のリーグタイ記録を樹立するとともに、リーグ2人目となる通算100本塁打を記録した(いずれも過去の達成者は、同僚でもあるカラバイヨ)[9]。同シーズンには23本の本塁打を放ち[1]、群馬のリーグ優勝に貢献。香川オリーブガイナーズと対戦したグランドチャンピオンシップでも1本塁打を放っている。オフにはメキシコのベラクルス・リーグのウィンターリーグに「渡航費先方負担」という破格の条件で参加している[1]

なお、リーグの各種通算記録に関しては、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ所属の稲葉大樹が、リーグ発足初年度から連続してプレーを続けている関係で、出場試合でトップを保持している[10][11]

2021年6月24日に、BCリーグでの通算900安打を達成した[12]。この記録も稲葉[13]に次いでリーグ2人目となる。2020年シーズン終了時点では通算安打数は稲葉がリーグ歴代トップだった。しかし、2021年終了時には井野口が934本、稲葉が933本と逆転した[14]。同年シーズン終了後の12月4日、背番号を従来の28番から91番に変更することが発表された[15]

人物[編集]

2012年に初めて渡米した当時は「「(上位のプロリーグ入りが)無理と思う瞬間まではやりますよ」「自分は、(NPBに行くのが)無理だとわかってて野球続けることはできませんね」と述べていた[2]。2017年時点では、ドラフト会議にかからない年齢でも野球を続ける決意をしたと報じられている[3]

既婚で、共働きの妻からは「好きなようにやればいいよ」と言われていると話している[3]。2018年の取材記事では、「独立リーグでも、やっぱり野球が仕事」という意識を持つようになったと述べている[1]

2021年の新聞記事では「年齢的な衰えは1ミリも思っていない」「自分の中に引退する理由がない」と延べ、「独立リーグ1000安打を狙ってみたい」と抱負を語った[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
2007 富山 72 297 58 93 29 3 10 79 46 28 7 0 6 3 11 .313 .379 .532 .911
2008 群馬 71 257 37 65 10 4 9 47 54 29 3 0 5 16 6 .253 .330 .428 .758
2009 60 198 33 68 13 4 8 40 33 23 6 0 0 5 5 .343 .427 .571 .998
2010 41 131 27 47 7 3 3 21 29 16 4 0 3 7 5 .359 .435 .527 .962
2011 45 166 24 44 8 1 6 31 36 15 6 2 3 8 1 .265 .342 .434 .776
2013 8 31 6 12 2 0 1 5 5 1 1 1 1 1 0 .387 .412 .548 .960
2014 72 281 58 97 23 6 18 59 38 20 8 1 3 21 7 .345 .401 .662 1.063
2015 73 274 52 84 17 1 10 51 34 41 7 0 5 14 6 .307 .404 .485 .889
2016 50 191 42 67 15 2 10 38 39 17 3 0 3 2 3 .351 .407 .607 1.014
2017 66 266 71 103 22 4 16 76 45 32 13 0 1 11 5 .387 .474 .680 1.155
2018 70 275 76 89 14 1 23 84 66 46 10 0 4 1 3 .324 .433 .633 1.066
2019 69 235 61 71 15 1 7 49 60 66 12 0 3 9 8 .302 .472 .464 .936
2020 55 157 23 43 8 1 6 34 46 41 3 0 2 1 4 .274 .429 .452 .881
2021 50 179 33 51 7 2 9 44 54 36 3 0 2 1 5 .285 .409 .497 .906
通算:13年 802 2938 601 934 190 33 136 658 585 411 86 4 41 100 69 .318 .412 .544 .956
  • 2020年シーズン終了時
  • 各年度と通算の赤太字はリーグ歴代最高、太字リーグ最高

背番号[編集]

  • 25 (2007年 - 2011年)
  • 28 (2013年途中、2014年 - 2021年)
  • 91 (2022年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “「僕はこんなに元気です」。独立リーガーメキシコ冬野球放浪記”. Yahoo!ニュース. (2018年11月29日). https://news.yahoo.co.jp/byline/asasatoshi/20181129-00105682/ 2018年11月30日閲覧。 
  2. ^ a b 海を渡った独立リーガー達① 井野口祐介(群馬ダイヤモンドペガサス→スーシティ・エクスプローラーズ) - SportsNavi(阿佐智の「アサスポ・ワールドベースボール」2012年11月15日)
  3. ^ a b c d “ニカラグア初の日本人選手に。32歳スラッガーの世界トライアウト人生”. Sportiva. (2017年11月22日). http://news.livedoor.com/article/detail/13924815/ 2017年12月24日閲覧。 
  4. ^ ベストナイン受賞選手・最優秀審判員のお知らせ - - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2016年11月21日)
  5. ^ ベストナイン・最優秀審判員のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年11月27日)
  6. ^ 2017シーズン 個人タイトル確定 - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年9月22日)
  7. ^ 2017年 打撃成績ランキング - ベースボール・チャレンジ・リーグ
  8. ^ 選手紹介 - 群馬ダイヤモンドペガサス(2018年4月28日閲覧)
  9. ^ 2018年5月24日 - BCL運営スタッフtwitter
  10. ^ “日本独立リーグWatch 新潟の“レジェンド”稲葉大樹 前人未到900安打へ/BCLリポート”. 週刊ベースボールONLINE. (2019年7月26日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=024-20190805-01#:~:text=%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0Watch-,%E6%96%B0%E6%BD%9F%E3%81%AE%E2%80%9C%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89%E2%80%9D%E7%A8%B2%E8%91%89%E5%A4%A7%E6%A8%B9%20%E5%89%8D%E4%BA%BA%E6%9C%AA%E5%88%B0,900%E5%AE%89%E6%89%93%E3%81%B8%EF%BC%8FBCL%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88&text=%E6%96%B0%E6%BD%9F%E3%81%AE%E2%80%9C%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%89%E2%80%9D%E7%A8%B2%E8%91%89%E5%A4%A7%E6%A8%B9%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%9F1%E3%81%A4%E3%80%81,%E8%A9%A6%E5%90%88%E5%87%BA%E5%A0%B4%E3%82%92%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82&text=%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8,%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%94%AF%E4%B8%80%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%80%82 2021年4月24日閲覧。 
  11. ^ 阿佐智 (2019年5月31日). ““ミスターBCリーグ”稲葉大樹が見据えるもの”. BASEBALL KING. https://baseballking.jp/ns/column/190347 2021年4月24日閲覧。 
  12. ^ 井野口祐介選手BCリーグ通算900安打達成! - 群馬ダイヤモンドペガサス(2021年6月24日)2021年6月24日閲覧。
  13. ^ “【BCL】稲葉が前人未踏の900安打達成 新潟が勝利で飾る”. 新潟野球ドットコム. (2019年8月8日). https://www.niigatayakyu.com/archives/30454 2021年6月24日閲覧。 
  14. ^ “BCリーグ新潟・稲葉大樹兼任コーチ「コーチより選手優先」リーグ初1000本安打へM67”. 日刊スポーツ. (2022年2月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202240000285.html 2022年4月4日閲覧。 
  15. ^ 背番号変更及び新入団選手背番号決定のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2021年12月4日)2021年12月6日閲覧。
  16. ^ “《飛べペガサス 主力選手に聞く 下》リーグ1000安打狙う 井野口祐介”. 上毛新聞. (2021年4月8日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/286198 2021年5月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]