井笠鉄道矢掛線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢掛線
基本情報
日本の旗 日本
所在地 岡山県
起点 北川駅
終点 矢掛駅
駅数 6駅
開業 1921年10月25日
廃止 1967年4月1日
運営者 井笠鉄道
路線諸元
路線距離 5.8 km
軌間 762 mm
線路数 単線
電化方式 非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
本線 1971廃止
exBHFq exABZq+r
0.0 北川
exWBRÜCKE
小田川
exBHF
1.2 備中小田
exBHF
2.5 毎戸
exBHF
3.3 本堀
exBHF
4.6 川面
exKBHFe
5.8 矢掛

井笠鉄道矢掛線(いかさてつどうやかげせん)は、かつて岡山県笠岡市の北川駅と、矢掛町の矢掛駅を結んでいた井笠鉄道の鉄道路線である。

路線データ[編集]

  • 延長:北川 - 矢掛 5.8km
  • 軌間:762mm
  • 駅数:6駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:票巻式

運行形態[編集]

おおむね朝夕40分毎、日中60分毎の間隔で運転され、車両は気動車単行、または客車1両牽引が多かった。

歴史[編集]

駅一覧[編集]

  • 北川(きたがわ、0.0km) - 備中小田(びっちゅうおだ、1.2km) - 毎戸(まいど、2.5km) - 本堀(もとほり、3.3km) - 川面(かわも、4.6km) - 矢掛(やかげ、5.8km)

接続路線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第20回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1914年4月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1921年11月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

関連項目[編集]