井田毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井田 毅(いだ たけし、1930年昭和5年)1月13日 - 2013年平成25年)8月20日)は、日本実業家サンヨー食品社長としてインスタントラーメン商品「サッポロ一番」の開発に携わった。

経歴[編集]

前橋市出身。父の井田文夫と共に、1953年(昭和28年)に「富士製麺」を設立し、これがサンヨー食品の創業となる[1]。この「富士製麺」は、1961年(昭和36年)に「サンヨー食品」という会社となる。井田毅を実質的な創業者とするサイトもある[2]

札幌で食べた大宮守人ラーメンに注目し、「サッポロ一番」という商標のインスタントラーメンの開発に携わり、1966年(昭和41年)に「サッポロ一番」を売り出す[3]。「サッポロ一番」のインスタントラーメンが、全国的に広まり売れわたる。

1975年(昭和50年)、サンヨー食品株式会社の社長に就任する[3]1998年(平成10年)、社長の職を辞して、相談役に退く。

2013年(平成25年)8月20日に、死去する[3]

「もう一人のラーメン王」と安藤百福と共に語られることもある[4]

関連書籍[編集]

  • もう一人のラーメン王 サンヨー食品創業者 井田毅 物語 日本経済新聞社、2012年11月

脚注[編集]

関連項目[編集]