井泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社井泉
Isen honten Tonkatsu - Yushima, Bunkyo.jpg
井泉本店(2014年3月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
113-0034
東京都文京区湯島3丁目40番3号
業種 小売業
法人番号 7010001000594 ウィキデータを編集
事業内容 とんかつ店
支店舗数 3店舗
外部リンク www.isen-honten.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

井泉(いせん)は、東京都文京区湯島に本店を置くとんかつ専門店である。

1930年昭和5年)、とんかつ専門店の多い東京上野に「セイセン」の名で店を構えたのが始まりで、各地に暖簾分けによる店舗を有する。「かつサンド」発祥の店としても知られ[1]1963年昭和38年)の映画 『喜劇 とんかつ一代』(東宝)のモデルともなった。

かつサンド[編集]

初代・石坂一雄が1930年昭和5年)、箸で切れるやわらかいトンカツを完成させたのが始まり[2]1935年昭和10年)に初代・石坂登喜(女将)が、当時の下谷花柳界の芸者衆の口が汚れないようにと、パンにはさんで小さなかつサンドを作ったのが始まりとする、かつサンド発祥の店としても知られる[3]

暖簾分け[編集]

直営店は湯島の本店、上野松坂屋地下、日本橋高島屋地下の3店のみである。 井泉から暖簾分けした店は「お箸できれるやわらかいとんかつ」のキャッチフレーズと「豚さんマーク」を使用して「○○(地名)井泉」の屋号で営業していることが多い。

あさひ川井泉

1972年(昭和47年)7月に湯島本店より暖簾分けし、北海道旭川市にて開業。旭川市・札幌市にて「井泉」を展開するほか、旭川市内に新業態「かつ伴」を展開。

「まい泉」との関係[編集]

まい泉 青山本店

1978年昭和53年)から東京都渋谷区神宮前に店舗を構えるとんかつ店『まい泉』(まいせん)[4]も井泉から独立した店であるが、正式な暖簾分けではない[5]。事後承諾の名称使用許可の下で「青山井泉」という屋号を使用していたが、1983年(昭和58年)の本店改築を期に商号を変更した。この『まい泉』を運営する井筒まい泉株式会社は、2008年平成20年)3月サントリーの傘下に入った[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 毎日放送知っとこ! 2009年11月29日放送より
  2. ^ 井泉本店のホームページによる
  3. ^ 青木ゆり子 『日本の洋食』ミネルヴァ書房、2018年、175頁。 
  4. ^ a b まい泉の40年のあゆみ とんかつまい泉のウェブサイト、平成24年1月26日閲覧
  5. ^ TOKTOYWISE かつサンドの満腹

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度42分26.8秒 東経139度46分20秒 / 北緯35.707444度 東経139.77222度 / 35.707444; 139.77222